【W杯】日本、ドイツ&スペイン撃破でのベスト16進出に海外記者も賛辞「このW杯にシナリオはない」「素晴らしい」

日本が海外記者も称賛【写真:ロイター】
日本が海外記者も称賛【写真:ロイター】

難敵スペイン相手に後半2ゴールを奪って勝利

 日本代表は現地時間12月1日、カタール・ワールドカップ(W杯)ベスト16入りを懸けてグループリーグ最終戦でスペイン代表と対戦。1点ビハインドで迎えた後半、MF堂安律(フライブルク)、MF田中碧(デュッセルドルフ)と立て続けにゴールを挙げて形勢逆転し、2-1で勝利するとともに、決勝トーナメント進出を決めた。海外記者も「素晴らしい」と称賛している。

 前半を最少1失点でしのいだ日本はハーフタイムに、MF久保建英(レアル・ソシエダ)に代えてMF堂安、DF長友佑都(FC東京)に代えてMF三笘薫(ブライトン)を投入。後半3分、FW前田大然(セルティック)のプレスから相手のミスを誘い、ボールを拾った堂安がペナルティーエリア内から左足を一閃。シュートは相手GKウナイ・シモンの手を弾いて、同点ゴールとなった。

 さらに後半6分にも三笘の折り返しを田中がゴール前で詰めた。一度は三笘の折り返しの前にボールがラインを割っていたと判定されたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の結果、ボールがラインを完全に割っていなかったと判定され、得点が認められて日本が逆転した。

 日本はアディショナルタイムを含めて約40分、チーム一丸となって守り抜き、2-1でスペインに勝利。日本は決勝トーナメント進出を決めた。米メディア「5NEWS」のジョナサン・アコスタ記者は自身のツイッターで、「ドイツに後半で2-1と勝った。コスタリカに負けた。スペインに2-1と勝った。このワールドカップにシナリオはない。素晴らしい」と日本の戦いに賛辞を贈っていた。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング