「ノイアーからゴールを決めるレベルはない」 ドイツ人記者&指導者が見た森保ジャパン、力不足に映る“前線の脅威”

現地メディアの記者、指導者に直撃し“リアルな声”を集めた【写真:ロイター】
現地メディアの記者、指導者に直撃し“リアルな声”を集めた【写真:ロイター】

【ドイツ発コラム】現地メディアの記者、指導者に直撃、日本に対する“リアルな声”に注目

 カタール・ワールドカップ(W杯)で日本代表はグループリーグ初戦でドイツ代表と対戦する。ドイツ国内において日本はどう評価され、どれほど脅威に感じられているのか。現地メディアの記者、指導者に直撃し、“リアルな声”を集めてみた。

■マティアス・マルブルク記者(ビルト紙)

「日本はやりにくい相手だ。非常に動きが機敏で、ドリブルがうまい選手が多く、ボールを持った時のコントロールレベルは高い。ドイツにとってはグループ初戦というところが重要だ。もしこの試合を落とすと、2戦目でスペイン代表との決戦を迎えなければならないからだ。

 日本の弱点はフィジカルコンタクトだろう。セットプレーでヘディングに強い(DFアントニオ・)リュディガーが前線に上がったら、何かが起きそうな期待ができる。ドイツとしてはセットプレーを最大限利用しなければならない。日本はベスト8入りを目標に掲げているようだが、残念ながらそれは厳しいと言わざるを得ない。このステージに進出してくるチームに比べると、まだ力が劣っているのが現実だろう。

 要注意人物はフランクフルトの鎌田大地。ブンデスリーガでもスターだ。彼を止めなければならない。日本の鍵となる選手だ。そのほかにもクオリティーを持った選手がそれぞれのポジションにいる。ただチームとしての得点力はどうだろう? 前線に欧州のトップリーグで結果を残している選手はいない。正直、GKマヌエル・ノイアーからゴールを決めるほどのレベルはない」

 鎌田をはじめ欧州のトップリーグで活躍する選手の才能を認めつつも、ゴールを奪うまでには至らないという見方をしているようだ。日本のFW候補として前田大然、浅野拓磨、上田綺世、町野修斗が選出されている。浅野はドイツでのキャリアがある程度長いが、上田と町野は無名の存在。逆にノーマークだからこそ、驚きの瞬間をもたらすことができるかもしれない。

page1 page2 page3

中野吉之伴

なかの・きちのすけ/1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで、さまざまなレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、16-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで精力的に活動している。

今、あなたにオススメ

トレンド