森保ジャパン、カナダ戦出場17選手+監督をブラジルメディア採点 「戦犯」評価のワースト選手は?

先制ゴールを決めた相馬には高評価【写真:ロイター】
先制ゴールを決めた相馬には高評価【写真:ロイター】

相馬のゴールで先制するも、試合終盤には逆転されて1-2で黒星

 森保一監督率いる日本代表(FIFAランキング24位)は11月17日、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで行われた国際親善試合でカナダ代表(同41位)と対戦し、1-2で逆転負けを喫した。この試合で先制点を決めたMF相馬勇紀(名古屋グランパス)ら3選手に対してブラジルメディアはチームトップの評価を与えた一方、勝ち越しを許すペナルティーキック(PK)を与えてしまったDF山根視来(川崎フロンターレ)はワーストの採点となっている。

【PR】Jリーグ全試合配信、サッカー観るならDAZN! オリジナル番組も充実

 日本は脳震とうで回復明けのMF遠藤航(シュツットガルト/ドイツ1部)、左ふくらはぎに違和感を覚えたMF守田英正(スポルティング/ポルトガル1部)がカタールの首都ドーハに残って調整、MF三笘薫(ブライトン/イングランド1部)は体調不良で合流が遅れ、今年に入って故障が続いているDF冨安健洋(アーセナル/イングランド1部)もカナダ戦は欠場となった。

 そのなかで、森保監督はDF板倉滉(ボルシアMG/ドイツ1部)、MF田中碧(デュッセルドルフ/ドイツ2部)、FW浅野拓磨(ボーフム/ドイツ1部)と故障明けの選手をスタメン起用。2列目には右サイドにMF相馬勇紀(名古屋グランパス)、トップ下にMF南野拓実(ASモナコ/フランス1部)、左サイドにMF久保建英(レアル・ソシエダ/スペイン1部)を送り込んだ。

 試合は前半9分、MF柴崎岳(レガネス/スペイン2部)の浮き球のスルーパスに相馬が抜け出し、ワンタッチでゴールを決めて幸先良く先制点を挙げた。しかし、前半21分にセットプレーから同点に追い付かれ、後半アディショナルタイムには途中出場のDF山根視来(川崎フロンターレ)がペナルティーエリア内でファウルを犯してPKを献上。GK権田修一(清水エスパルス)がPKをストップしきれずに勝ち越しを許し、1-2で敗れる結果となった。

 ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」は、カナダ戦に出場した日本代表の17選手と森保監督を採点(10点満点)。そのなかで、先制点に絡んだ相馬と柴崎、途中出場からボランチで存在感を示したMF鎌田大地(フランクフルト)にチーム最高点の「6.5」を与えた。

 最高評価タイの柴崎に関しては、「キャプテンとして先発出場し、見事なパスで相馬のゴールを演出。試合終盤には山根の“ゴール未遂”を引き出した」と言及。トップ下で不発に終わった南野は「5.0」にとどまり、「日本の攻撃陣で最も消えていた選手。残念なパフォーマンス」と厳しく指摘している。

 なお、チーム最低評価となったのは勝負どころでPKを献上してしまった山根で「4.0」。「カナダに勝利を与える戦犯となってしまった」と寸評が付けられる結果となった。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング