闘莉王が「ずっと心の支えだった」と回想 引退試合に豪華メンバー集結、阿部勇樹はなぜ誰からも慕われたのか

豪華メンバーが集まり開催された阿部勇樹氏の引退試合【写真:徳原隆元】
豪華メンバーが集まり開催された阿部勇樹氏の引退試合【写真:徳原隆元】

引退試合にかつてのチームメイト集結、阿部氏の人柄やエピソードを語る

 昨季限りで現役を退いた阿部勇樹氏が、11月12日に埼玉スタジアムで引退試合を実施した。多くのサッカー仲間が駆け付けたが、その人柄やエピソードを集ったサッカー仲間が語った。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 この日の引退試合は、浦和に所属時のチームメイトが集った「URAWA ASIAN KINGS」と、ジェフや日本代表で共闘した選手が中心の「JEF・JAPAN FRIENDS」に分かれての対戦になった。前半に浦和側で出場して2ゴールし、ファウルを受けた際に相手チームにいた阿部に赤いユニフォームを着せてフリーキックを蹴らせるなど大いに盛り上げた田中マルクス闘莉王氏は、浦和やアテネ五輪、南アフリカ・ワールドカップ(W杯)でも日本代表で共闘したが、自身とのキャラクターの違いを懐かしんだ。

「ずっと心の支えでもあったし、負けても勝ってもいつも冷静の阿部ちゃんでいてくれた。オレとギャップがあって、オレが熱くなりすぎて、阿部ちゃんはすぐ冷静になれる。そのバランスがあってのお互いの活躍があったと思うし、寂しい気持ちで、でも新鮮な気持ちにもなれた」

 そして現在はトップチームでコーチを務め、昨年引退試合をした浦和OBの平川忠亮氏と、今季から浦和ユースのコーチを務める阿部氏に対して「これから阿部ちゃんがレッズをどんどん引っ張って、ヒラ(平川)もそうだし、レッズを分かってる人たちが先頭になってもらわないと困ります」とエールを送った。

 後半には阿部氏が浦和側のチームでプレーしたが、同世代の那須大亮氏や鈴木啓太氏と共闘。2015年限りで引退していた鈴木氏は「引退試合をすると、本当に彼の現役生活が終わったんだなと。自分が引退してから一番応援をしていた選手だったので、そういう意味での寂しさは今日感じました」と話す。そして、「ピッチに立つことが大事だったので、なんとかそれはクリアできた。かけがえのない時間だった」と振り返っていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド