中村俊輔、26年のプロキャリアに終止符 引退会見全文・Part1 「FKはPKと同じ感覚」「サッカーが好きで上手くなりたい」

中村俊輔が引退記者会見を実施【写真:徳原隆元】
中村俊輔が引退記者会見を実施【写真:徳原隆元】

「自分よりサッカーが好きな選手と会えたのは財産」

 J2横浜FCの元日本代表MF中村俊輔が11月10日、引退記者会見を実施した。26年におよぶプロキャリアに終止符を打った経緯、過去2度出場したワールドカップ(W杯)への思いなど、引退会見の全文をお届けする。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

【Part2】中村俊輔、26年のプロキャリアに終止符 引退会見全文 「マツさんだったらと、考えるようになった」
【Part3】中村俊輔、26年のプロキャリアに終止符 引退会見全文 「名波さんは兄貴的存在」「新しい自分が出た」

【Part4】中村俊輔、26年のプロキャリアに終止符 引退会見全文 「長友の姿勢には学ぶことがたくさんあった」

(冒頭の挨拶)
 明るく、楽しい時間にしたいと思うのでよろしくお願いします。

――引退決断後、心境の変化は?

 そこまでないですね。今、W杯があるということで早くリーグが終わり、チームは1か月くらい練習があるので参加させてもらって、練習試合にも出た。今後、引退という気持ちになると思うけど、仲間からはあの人来年もいるんじゃないかという感じになっている。もう少しやらせてもらっています。

――引退の決断経緯と、最初に相談された方は?

 30後半くらいからはいつでもできるようにというか、より悔いのないように、単年契約をこのチームともさせてもらってそういう気持ちでやっていた。今シーズンに入って足首の状態が良くなくなってそれから。相談したのはは家族であり、妻ですね。

――ここまではどんなサッカー人生だったのか?

 原動力は単純に自分の中から出てくる情熱、サッカーが好きで上手くなりたい。上に行くにしたがって似たような選手が集まる。カズ(三浦知良)さんとやると思わなかった。自分よりサッカーが好きな選手と会えたのは財産。日本代表のためにやっていたので、そういう仲間たち、メッセージをくれた選手たち。(川口)能活さんは若い時にボールを受けてくれて、同じパーソナルトレーナーだったのでジムで汗水流して。そういう人たちに囲まれたのは大きかった。

――代名詞のフリーキックへのこだわり、思いは?

 それだけって言われるのが嫌なので、意識したのはプロに入ってから。それまではゲームを支配する力、ドリブル、パス、スルーパスのちょっとしたおまけのつもりだったけど、それがキック、フリーキックが残ったのは不思議な感じだけど、やっていて良かったなと。こだわりは、PKと同じくらいの感覚で決めるんだという意識はある。蹴ったら必ず決まるという状況をチームメイトに見せて信頼してもらう。それはキックだけじゃなく普段のプレーもだけど、それはこだわりだと思う。

――2度経験したW杯、自身のキャリアへの影響は?

 やっぱり日本の代表としてW杯に出るのは目標だった。誇りですね。結果、両大会とも結果を出せずに終わってしまったけど、自分の力のなさを気づく場所、時があったのでまた次に向上意欲を持てるというか、目標を立て直せるというのがもしかしたら自分のサッカー人生の繰り返しで、良いこともあれば挫折もある。そのたびにちょっとずつ上に上がれたのかなと。

――カタールW杯に出場する日本代表へのエール

 本番までに、大会中もそうだけど、大きな怪我はしないで頑張って欲しい。僕らの前の先輩たちがW杯へ行けなかったり、カズさんのドーハだったり、そういうのを見て次の世代、日本のために頑張ってもらえれば。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング