闘莉王が“緊急提言”、森保ジャパンの1トップ「鎌田でいい」 ベスト布陣に持論「明日がドイツ戦ならこのシステム」

日本代表MF鎌田大地【写真:Getty Images】
日本代表MF鎌田大地【写真:Getty Images】

「闘莉王TV」でアメリカ戦に言及、好調・鎌田の1トップ起用へ見解

 日本代表は9月23日にドイツで行われたアメリカ代表との国際親善試合で2-0と勝利した。この試合ではトップ下で先発起用されたMF鎌田大地(フランクフルト)が先制点を決めるなどの活躍を見せたなか、元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏は「改めて考えてもいい」と鎌田を1トップに起用した新システムを緊急提言している。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 闘莉王氏のYouTubeチャンネル「闘莉王TV」の最新話は米国代表を撃破した森保ジャパン。この試合では鎌田の前線での活躍が光ったが、「調子が上がっている。ドイツでもいい活躍をしている。日本代表、森保監督にとっても凄くいいこと。2か月間、この調子を保っていれば、日本代表に途轍もない力になる。中心としてプレーできる。フィニッシャーまでプレーしてくれる。今までにない例」と評価。前半25分に守田英正(スポルティング)の絶妙なラストパスをきっちり仕留めた鎌田だが、チャンスメーカーのみならず、ブンデスリーガで4ゴールという高い得点能力にも注目している。

 森保ジャパンの1トップを務めてきたヴィッセル神戸FW大迫勇也は今回の遠征で不在となっているが、闘莉王氏は「改めて考えてもいい。鎌田選手をFWの位置に使う」と1トップ起用も緊急提案。「伊東純也選手が右に張って、左は三笘(薫)選手を入れる。中盤に田中碧選手を入れて、1トップ鎌田選手でいいのでは」と中盤を厚くする組み合わせを提言したうえで、「明日が初戦ドイツ戦ならこのシステムでいいんじゃないかと思う」と持論を展開。忖度ゼロの闘将節が冴え渡る最新回になっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング