鎌田&久保の“セット起用”、森保ジャパン新オプションに? 選手も「機能した」と手応え

日本代表MF鎌田大地と久保建英【写真:Getty Images】
日本代表MF鎌田大地と久保建英【写真:Getty Images】

鎌田がトップ下で躍動、久保との共存に好感触

 トップ下を再び置いた効果が、大いに見られた。9月23日、デュッセルドルフ・アリーナで行われたアメリカ代表戦、日本代表はアジア最終予選の途中から採用した4-1-4-1ではなく、4-2-3-1の布陣で試合に臨んだ。そして、トップ下に入ったMF鎌田大地(フランクフルト)が面白いようにフィニッシュに絡んだ。

 試合開始早々にMF伊東純也(スタッド・ランス)がカットインからシュートを放った場面とMF三笘薫(ブライトン)がゴールを決めた場面以外、日本の決定的なフィニッシュのほとんどに絡んだのが鎌田だった。

 最初のチャンスは前半13分、連動したプレスを見せた日本は、高い位置でボールを奪うとMF久保建英(レアル・ソシエダ)のパスからGKと1対1になった鎌田がシュート。しかし、このシュートはGKに阻まれる。

 そして同25分、プレスで相手の選択肢を限定してから伊東がパスカット。ボールをMF守田英正(スポルティング)につけると、左に開いていた鎌田がパスを受け、右足で巻いたシュートをゴールに決めた。

 その後も鎌田は何度かシュートチャンスを迎えていた。試合後、「僕自身、今日は得点チャンスが多かった。1点取れてチームの勝ちにつながって結果的に良かった」と言いつつも、「決められるシーンもたくさんあったし、そこは課題。もう少し早めに2点目を取れれば、もっとチームとして楽だったと思う。ただ、ああいうところに入っていけていることが大事だし、回数を重ねることが大事かなと思います」と反省しつつも、フィニッシュを打てていることを前向きに捉えた。

 トップ下は、ほかのポジションに比べて、ある程度、守備が免除されるポジションだ。その分、周囲のハードワークが不可欠になるが、鎌田もそのことは感じ取っている。

「今日に関してはショートカウンターがすごくハマっていたと思うし、チームとしてすごくコンパクトに戦えて、やりたいこともできていた。逆に僕以外はチャンスがなかったですが、(久保)建英があれだけ守備をよくやってくれてチャンスを作ってくれて、前田大然がスプリントを多くしてくれて、僕自身もほかの選手たちがやってくれているから、あそこに入っていける力もあると思う。チームとして本当にうまく機能していたと思います」と、トップ下に戻った手応えを口にしている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド