南野拓実、日本代表1トップで最後のテスト? 闘莉王が緊急提言「選択肢としてはあり」

闘莉王氏が南野拓実の1トップ起用を提言【写真:Getty Images】
闘莉王氏が南野拓実の1トップ起用を提言【写真:Getty Images】

9月23日にドイツでアメリカ代表と対戦、1トップ問題の解決なるか

 日本代表は9月23日にドイツでアメリカ代表と対戦する。カタール・ワールドカップ(W杯)に向けたメンバー選考前の最後の2連戦には総勢30人が招集されている。元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏は「FOOTBALL ZONE」の取材で、左サイドで結果を出せていないMF南野拓実(ASモナコ)の1トップ起用を提案している。

 ヴィッセル神戸FW大迫勇也の遠征欠場で、注目される森保ジャパンの1トップ問題。自身のYouTubeチャンネル「闘莉王TV」では、セルティックFW古橋亨梧とセルクル・ブルージュFW上田綺世の起用を提案していた闘莉王氏だが、代表合流前の試合で1ゴール1アシストと躍動した南野について、「最後のテストとして南野選手を1トップでテストするのも選択肢としてはありだと思う」と背番号10の1トップ起用を提言している。

「南野選手は左サイドで機能していない。アジアレベルでも違いを出せていない状況で、左ウイングの先発は圧倒的な打開力を持つ三笘(薫/ブライトン)選手が理想的。日本代表で最も代わりの効かない大迫選手がいないなか、南野選手にはサイドではなく、センターでの適性を試してもいいのでは」と闘莉王氏は話している。

 9月18日、MF伊東純也が所属するスタッド・ランス戦(3-0)で移籍後初ゴールに加え、1アシストもマークするなど存在感を示した南野。アジア最終予選でも苦境続きだった背番号10は、森保ジャパンの1トップ問題解決策になるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も