浦和の難敵アウェー戦、“ドロー劇”の価値 ルヴァン杯準決勝の第2戦へ…レッズに“ポジティブ”な状況とは?

浦和が有利な状況でアウェー戦に挑む【写真:Getty Images】
浦和が有利な状況でアウェー戦に挑む【写真:Getty Images】

C大阪とのアウェーゲームで1-1ドロー、アウェーゴール奪いホームでの第2戦で決着へ

 J1浦和レッズは9月21日にルヴァン杯の準決勝第1戦、セレッソ大阪とのアウェーゲームに1-1で引き分けた。堅い守備の相手に苦しんだ試合が続いただけに、MF伊藤敦樹は第2戦に向け「待たれるより来てくれたほうが自分たちのサッカーがやりやすい」と、優位な状況を作ったことを前向きに捉えた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 浦和は今季C大阪にリーグ戦で2敗している。いずれも無得点で敗れたゲームであり、伊藤は「全員がハードワークできるし、守備の部分でもかなりコンパクト。2トップもしっかり追うことができて、サイドバックも絞ってきて、守備がコンパクトなので、中にも入れられない。自分たちはサイドから簡単にクロスを上げてということでは厳しいので中に入れていきたいけれども、そういう意味で相手がコンパクトなのがやりづらい」と、その印象を話している。

 このゲームでは、MF関根貴大を右サイドバックに起用し、左サイドバックのDF明本考浩との2人がビルドアップ時に内側を取って相手の守備ブロックに穴を作ろうとしたが、前半2分にロングシュートから失点したことが重く響いていた。しかし後半、連動性の出てきた攻撃によって左サイドを明本がパスワークで突破。マイナスの折り返しを伊東がミドルで狙い、GKが弾いたボールをFW小泉佳穂が詰めて引き分けに持ち込んだ。

 このアウェーゴールにより、浦和ホームの第2戦はC大阪が勝ち抜けには最低でも1得点が必要なため、実質的に浦和がリードを奪った状態で試合に入れることになった。伊藤は「相手が前からはめてきてくれたり、もっとプレスをかけてきてくれるほうがやりやすい。今日みたいに先に失点すると相手が固くなり、セレッソのサッカーにハマってしまう。待たれるより来てくれたほうが自分たちのサッカーがやりやすいですし、よりスペースがあると思う」と、スコア上の優位な状況が戦術的な優位性にもつながると歓迎した。

 同点ゴールの小泉も「セレッソ戦は先制される展開が多くて、そうすると固いチームなのでなかなか崩せず苦しんだが、否が応でも前に出てくるのは自分たちにはやりやすいかなと思う」と話す。

 浦和はマイボールを後方から丁寧に組み立てていく印象もあるが、むしろ相手のプレスを逆手に取った前進や攻撃後の即時奪回のプレスに強い武器を持つと言える。難敵を相手に奪った1ゴールは、勝ち抜けに向けたアウェーゴールというスコア以上に両者にとって大きな意味を持つものになりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  6. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  7. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」