C大阪MFの代名詞が炸裂 電光石火のドライブシュート弾に称賛「ゴラッソメーカー」

浦和戦でゴールを決めたMF上門知樹【写真:Getty Images】
浦和戦でゴールを決めたMF上門知樹【写真:Getty Images】

前半2分、C大阪MF上門知樹が右足で圧巻ミドルシュートをお見舞い

 セレッソ大阪は9月21日、ホームでのルヴァンカップ準決勝第1戦で浦和レッズと対戦し、1-1で引き分けた。ゲームの口火を切ったMF上門知樹の豪快な先制ゴールに対して、称賛の声が相次いでいる。

【PR】ABEMA de DAZNで欧州サッカー生中継!伊東・鎌田ら注目の日本人選手所属クラブの試合を一部無料生中継!

 過去対戦成績は24勝11分け20敗とC大阪が勝ち越しているカードは、ホームチームが先制する。前半2分、MF奥埜博亮が入れた縦パスを受けた上門は、前を向くと敵陣中央から迷いなく右足を振り抜く。代名詞とも言える豪快なドライブシュートがゴール右上に突き刺さり、あっという間に先制点を奪った。

「スカパー!サッカー」公式ツイッターが、「【ファーストゴール】セレッソ大阪 キックオフ後わずか2分 上門知樹が華麗に打ち抜いた」と華麗なゴールシーンを公開。ファンからは「これぞ上門知樹」「ドライブシュートが炸裂」「すごすぎる」「ゴラッソメーカー」「ワールドクラス」といった感嘆の声が相次いだ。

 試合は後半8分に浦和に追い付かれて1-1のドローに終わったが、FC琉球、ファジアーノ岡山を経て今季からC大阪に加入し、J1リーグ戦で14試合2ゴールを記録している上門は強烈なインパクトを残した。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング