“主力格”の南野拓実は上手くいっていない? データで考える森保監督が欧州視察で注意深く見るべき選手

日本代表の原口、南野、冨安、川島【写真:高橋 学】
日本代表の原口、南野、冨安、川島【写真:高橋 学】

【識者コラム】出場時間から見た「上手くいっていない選手」は冨安、南野、三笘ら

 現在、ヨーロッパを視察している日本代表の森保一監督は、出発前に「どちらかと言えば今、上手くいっていない選手に会いたい」と語っていた。では、誰が「上手くいっていない」のか。6月に招集された(途中離脱を含む)欧州組の現状を整理しておこう(プレー時間にアディショナルタイムを含まず。9月1日現在)。

【GK】
・川島永嗣(ストラスブール/フランス)
リーグ戦5試合中0試合出場/―

・シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)
リーグ戦6試合中6試合出場/540分間プレー

【DF】
・吉田麻也(シャルケ/ドイツ)
リーグ戦4試合中4試合出場/360分間プレー

・板倉滉(ボルシアMG/ドイツ)
リーグ戦4試合中4試合出場/360分間プレー

・中山雄太(ハダースフィールド/イングランド2部)
リーグ戦6試合中5試合出場/361分間プレー/1ゴール

・冨安健洋(アーセナル/イングランド)
リーグ戦5試合中4試合出場/56分間プレー

・伊藤洋輝(シュツットガルト/ドイツ)
リーグ戦4試合中4試合出場/360分間プレー

・菅原由勢(AZアルクマール/オランダ)
リーグ戦3試合中1試合出場/26分間プレー

【MF/FW】
・原口元気(ウニオン・ベルリン/ドイツ)
リーグ戦4試合中3試合出場/164分間プレー

・柴崎岳(レガネス/スペイン2部)
リーグ戦3試合中2試合出場/118分間プレー

・遠藤航(シュツットガルト/ドイツ)
リーグ戦4試合中4試合出場/360分間プレー/1ゴール

・伊東純也(スタッド・ランス/フランス)
リーグ戦5試合中4試合出場/239分間プレー/2ゴール

・浅野拓磨(ボーフム/ドイツ)
リーグ戦4試合中4試合出場/310分間プレー

・南野拓実(モナコ/フランス)
リーグ戦5試合中3試合出場/127分間プレー

・古橋亨梧(セルティック/スコットランド)
リーグ戦5試合中5試合出場/350分間プレー/6ゴール

・守田英正(スポルティング/ポルトガル)
リーグ戦4試合中4試合出場/185分間プレー

・鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)
リーグ戦4試合中3試合出場/197分間プレー/2ゴール

・三笘薫(ブライトン/イングランド)
リーグ戦5試合中4試合出場/54分間プレー

・前田大然(セルティック/スコットランド)
リーグ戦5試合中5試合出場/261分間プレー

・堂安律(フライブルク/ドイツ)
リーグ戦4試合中4試合出場/301分間プレー/1ゴール

・上田綺世(セルクル・ブルージュ/ベルギー)
リーグ戦6試合中6試合出場/475分間プレー/1ゴール

・田中碧(デュッセルドルフ/ドイツ2部)
リーグ戦5試合中5試合出場/450分間プレー

・久保建英(レアル・ソシエダ/スペイン)
リーグ戦3試合中3試合出場/224分間プレー/1ゴール
※出場時間は途中交代の場合はその時間まで、ただしハーフタイムの交代は45分として計算し、90分以降の交代は90分、90分以降の出場は1分として計算した

page1 page2 page3

森 雅史

もり・まさふみ/佐賀県出身。週刊専門誌を皮切りにサッカーを専門分野として数多くの雑誌・書籍に携わる。ロングスパンの丁寧な取材とインタビューを得意とし、取材対象も選手やチームスタッフにとどまらず幅広くカバー。2009年に本格的に独立し、11年には朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の平壌で開催された日本代表戦を取材した。「日本蹴球合同会社」の代表を務め、「みんなのごはん」「J論プレミアム」などで連載中。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」