「熱い後押しがある」 浦和MF伊藤、殊勲の2ゴールで「敦樹コール」に感激「夢に見ていた光景」

サポーターの「We are Diamonds」熱唱に感動

 試合後のピッチでは、サポーターとともに「We are Diamonds」を歌う空間も復活し、伊藤は「何回も聞いている歌で、あれをずっとやりたいと思っていた。大声で歌うのは恥ずかしいので口ずさむぐらいだけど、本当にいい時間を過ごせた。あの光景をスタンド見ていた側だったので、あれをやりたかったので最高だった」と振り返った。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 また、先制ゴールをアシストした松尾も浦和の下部組織出身だけに「僕は分かるので、歌っていましたけど。頭の中に普通に入っている感じ」と話すなど、大学や他クラブを経ても“生え抜き”らしさを見せていた。

 今後は8月13日にJ1リーグ第25節ジュビロ磐田戦を戦い、19日からはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のゲームを再び埼玉スタジアムで戦う。それらのゲームもアジアサッカー連盟(AFC)により声出しが可能とアナウンスされているだけに、伊藤は「ACLにレッズは強いイメージがあるので、またホームでやれるし今日みたいな熱い後押しがあると思うので、いい形で入っていきたい」と先を見据えた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング