東大サッカー部と欧州プロクラブの提携 弁護士志望の3年生新米コーチはオーストリア短期留学で何を学んだのか

インスブルックでは「実際に基準となるものを見れたのは大きかった」と練習段階で意識の違いを実感【写真:岡本康太郎】
インスブルックでは「実際に基準となるものを見れたのは大きかった」と練習段階で意識の違いを実感【写真:岡本康太郎】

インスブルックで「トランジションの重要性に気付かされた」

 マネジメントだけでなく、サッカーの面においても受けた刺激は大きかった。東大ア式蹴球部は伝統的に最終ラインからボールをしっかりとつないでいくポゼッションサッカーを志向する一方、モラス氏が率いるインスブルックのU-23チームはRBライプツィヒ(ドイツ)やレッドブル・ザルツブルク(オーストリア)などレッドブル・グループの代名詞とも言える“縦に速い”スタイル。岡本はそのスタイルの違い以上に、練習段階での意識の違いを感じ取ったという。

「ア式ではポゼッションの練習でもボールタッチに制限を設けたり、グリッドを必要以上に狭くし過ぎることはしません。でも、モラスさんはあまり普通のロンドはやらないですし、ひたすらに狭いエリアでインテンシティーを高くする練習が多かったのが印象的です。日本だとあまりないかもしれないですが、ほぼすべての練習にトランジションが入っている。どちらが正解ということではなく、それぞれの良さがあると思うんですけど、いろいろな考え方があることを知れたことは大きかったと思います。

 モラスさんに、インスブルックの選手たちは自分たちの試合映像を見返すのかを聞いたら、それはやはり人それぞれだと言っていました。向こうの選手たちは細かい立ち位置だったり戦術の細部にまでこだわっている印象はあまりなかったのですが、特に守備面におけるボールに対する意識や、奪いにいく守備の部分はとてもしっかりしていると感じました」

 インスブルックで「トランジションの重要性に気付かされた」という岡本は「実際に基準となるものを見れたのは大きかったです。実際にそのサッカーを実践するにあたってどういう練習が必要なのか、どのような原則があるのか、どういった声がけをするのか、そういった部分で頭がすごく整理されました」と現地に行ったからこそ得られたものは大きいと強調する。帰国後、いいトランジションの場面を集めた動画集をア式蹴球部の選手に見せるなどインスブルックでの成果を早速“布教”しているという。

「ちょっと洗脳されちゃいましたね(笑)。でも、陵平さんも切り替えの部分は本当に大事にしていますし、欧州のトップレベルを見ていてもスタイルとして確実に両立しなければならないものではあるはずなので、上手い形でミックスしていければいいなと思います」

 ア式蹴球部は昨シーズン、東京都大学サッカーリーグ1部で最下位に終わり、今季から2部リーグで1部再昇格を目指して戦っている。インスブルックのエッセンスが加わった東大生軍団はどのような変化を遂げていくのか。今後に注目だ。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  2. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  3. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  7. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  10. G大阪FW宇佐美貴史が初めて明かす川崎からオファーの“真実” 残留した理由は?「自分にとって苦しいと思った」

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」