アーセナル冨安、C・ロナウドから“イエロー誘発”の華麗ドリブル突破 海外注目「地味なライバル関係」

ロナウドと富安の対峙シーンに脚光【写真:AP】
ロナウドと富安の対峙シーンに脚光【写真:AP】

ユナイテッド戦の終盤、リーグ戦13試合ぶりに冨安復帰「すぐに違いを見せつけた」

 イングランド1部アーセナルの日本代表DF冨安健洋は、現地時間4月23日に行われたプレミアリーグ第34節マンチェスター・ユナイテッド戦(3-1)で試合終盤に出場し、リーグ戦13試合ぶりのピッチに立った。冨安がポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをドリブルでかわし、イエローカードを誘発したプレーに触れ、海外メディアは「2人の地味なライバル関係」と報じている。

 アーセナルは前半3分、DFヌーノ・タヴァレスのゴールで先制。同32分にペナルティーキック(PK)でFWブカヨ・サカが追加点を奪った一方、直後にロナウドにプレミア通算100ゴール目となる一撃で2-1とされるも、後半25分にMFグラニト・シャカが豪快なミドルシュートを突き刺してリードを広げる。

 迎えた後半45分、ポルトガル代表DFセドリック・ソアレスに代わりハムストリングの負傷で離脱していた冨安が、元日に行われた第21節マンチェスター・シティ戦(1-2)以来、13試合ぶりにリーグ戦のピッチへ。実戦復帰は、1月20日のリーグカップ・リバプール戦以来、約3か月ぶりとなった。

 海外メディア「THICK ACCENT」は、先発したソアレスについて「冨安ほどの堅固さは持ち合わせておらず、それはユナイテッド戦でも明らかだった」と指摘。さらに短いプレー時間ながら、「冨安はすぐに違いを見せつけた」と評価している。

 注目したのはロナウドと対峙した後半アディショナルタイムの場面だ。右サイドを駆け上がった冨安がボールを受け、サイドライン際でロナウドが対応。冨安は右足でボールを止めて食いつかせ、一気に縦へドリブル突破を図る。ロナウドは遅れ気味に足を出してファウルとなり、このプレーでロナウドは主審からイエローカードを受けている。

 記事では「ユナイテッドFWクリスティアーノ・ロナウドがDFとなり、冨安が攻撃的なウイングを演じるという役割分担となった。冨安がロナウドのタックルを難なくかわし、その後の対応でロナウドは警告を受けている」と描写した。

 また、イタリア時代にも攻防を繰り広げた2人の関係性にも触れ、「ロナウドがユベントスに、冨安がボローニャに在籍していた頃にも同じようなことがあり、2人の地味なライバル関係に光を当てている」と伝え、SNS上で拡散しているかつての対峙シーンも紹介していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド