立て直しの1年が降格危機に暗転 苦難のボルシアMGが問われる名門の“底力”

ボルシアMGで指揮を執るアディ・ヒュッター監督【写真:Getty Images】
ボルシアMGで指揮を執るアディ・ヒュッター監督【写真:Getty Images】

監督の決断に一部の選手も不信感!?

 また、「選手の友だちになる必要はない」と厳格な態度を貫こうとしたものの、それがために、チーム内で発言力を持っている選手を中心におかしな雰囲気ができてしまったとドイツ紙「ビルト」は指摘していた。マテウスは「ヒュッターはおそらくこれまでにした決断が原因となり、何人かの選手の信頼を失った。彼らはロッカールームで影響力を持っている選手だ。控室での空気がうまく流れていないと、ピッチ上でもうまくはいかない」とコメントを残していたが、今のチーム状況を見ると頷かずにはいられない。

 それこそチーム内ではプレア、テュラム、コネらフレンチコネクションがグループとして浮いてしまってる点が問題視されている。同じ言葉を話すもの通し仲良くすること自体は悪いことではないし、異国での生活となればプライベートで気心知れた仲間がいるのは大きな助けになる。ただ、それがためにチームとの距離が生まれてしまったら本末転倒だ。

 次節は同じく下位に低迷するヘルタとの一戦だ。確かなリアクションを見せることができるのか。あるいはさらなる失墜が襲うのか。名門の底力が試される。

中野吉之伴

なかの・きちのすけ/1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで、さまざまなレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、16-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで精力的に活動している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング