立て直しの1年が降格危機に暗転 苦難のボルシアMGが問われる名門の“底力”

苦境に立たされているボルシアMG【写真:Getty Images】
苦境に立たされているボルシアMG【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】主将ゾマーは「負けるべくして負けた」とぼやく苦境の日々

 ここ10年間でUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場3回、UEFAヨーロッパリーグ(EL)出場3回を果たしているボルシアMGが苦しんでいる。

 昨年2月にマルコ・ローゼ監督が新シーズンからドルトムントの指揮官になることが決定し、そこから調子を落として最終的に8位でフィニッシュ。ELにも出場できず、今季は建て直しの大事な年となるはずだった。

 コンスタントにEL、そしてCLに出場できるチームを作るためにと、750万ユーロ(約9億6000万円)もの移籍金を出してフランクフルトからアディ・ヒュッター監督を招集したのはそのためだ。だが、そんなボルシアMGが上位進出どころか、降格危機に直面している。勝ち点的には16位ヘルタ・ベルリンと勝ち点4差はキープできているものの、ここ最近の試合内容はファンを不安にさせている。

 MF遠藤航、MF伊藤洋輝が所属するシュツットガルト戦はまさにそんなチームの不安定さが如実に出た試合だった。2-0とリードを奪いながらも、2-3とまさかの逆転負け。特に後半のパフォーマンスは散々なもので、抵抗を見せることができないままやられてしまった。

 対抗策が見出せないままなだけに、チームに主力選手の我慢も限界に近づきつつある。キャプテンとして獅子奮迅の活躍を見せているスイス代表GKヤン・ゾマーは、「負けるべくして負けた。特に、後半は相手がワンレベル上だった。すべての分野でだ!このままだとブンデスリーガの試合は1つも勝つことができない。まったくチャンスがなかった。最後の失点シーンを見るだけでそれが分かる。今チームとして問われている」と危機感をマックスに募らせていた。

 ゾマーが取り上げた最後の失点は、左サイドをクロアチア代表DFボルナ・ソサが突破し、そこからの折り返しを、オーストリア代表FWサーシャ・カライジッチが右足で押し込んだというもの。まずソサに対峙していたフランス代表FWマルクス・テュラムが途中で追うのを諦めて足を止めてしまう。さらにはゴール前に6選手がいたのだが、全員一列に並んで立っているだけで、誰も相手選手の動きについていっていない。カライジッチにパスが渡った時に慌てて飛び込もうとしたが、時すでに遅しだった。

 テュラムの守備には、元ドイツ代表キャプテンでこの試合のテレビ解説をしていたローター・マテウスもぴしゃりだ。

「ソサとの競り合いにいかなかった。そのまま立ち止まっていたんだ。私がチームメイトだったら、『アイツはもうやる気がないんだ!』って思っただろうね。チームやファンに対してありえないアクションだ」

中野吉之伴

なかの・きちのすけ/1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで、さまざまなレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、16-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで精力的に活動している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング