浦和の“新10番”モーベルグが待望の合流 ミニゲームでアシスト記録などキレのある動きを披露

浦和レッズに加入したスウェーデン代表歴を持つMFダヴィド・モーベルグ【写真:轡田哲朗】
浦和レッズに加入したスウェーデン代表歴を持つMFダヴィド・モーベルグ【写真:轡田哲朗】

昨年末に移籍が決まったなか、今月に入ってようやく入国

 J1浦和レッズに今季加入したスウェーデン代表歴を持つ期待の新戦力、MFダヴィド・モーベルグが3月9日のトレーニングで初合流。早くもキレのあるドリブル突破を見せた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 モーベルグはチェコ1部の名門スパルタ・プラハから昨年末に浦和への移籍が決まったが、新型コロナウイルスの影響により今月に入ってようやく入国した。浦和は3月6日のリーグ第3節・湘南ベルマーレ戦(2-0)を終えて2日間のオフから明け、この日のトレーニングが新戦力の初合流になった。

 この日のトレーニングでは、ウォーミングアップの時点でFWキャスパー・ユンカーやDFアレクサンダー・ショルツといったデンマーク人選手たちと談笑する姿があり、MF関根貴大やDF宮本優太もその輪に入っていた。

 そして、ハーフコートを使用した11対11のミニゲームでは右サイドハーフに入り、得意の左足に持ち替えてのクロスだけでなく、鋭く縦に突破しての右足クロスでFW明本考浩のヘディングシュートでのゴールをアシストするなど、いきなりキレのある動きを見せていた。

 欧州での別行動中もリカルド・ロドリゲス監督が「常に連絡は取っている」と話していたが、スムーズなプレーも多く見られた。スウェーデン代表として3試合に出場し、今季の浦和では「10番」を背負う新戦力のJリーグデビューもそう遠くなさそうだ。

(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング