南野拓実は「リバプールのリーグ杯得点王」 決勝前に英公共放送がゴール数に注目

リーグカップ決勝での得点に期待がかかるMF南野拓実【写真:AP】
リーグカップ決勝での得点に期待がかかるMF南野拓実【写真:AP】

2000-01シーズンに6得点を挙げたFWロビー・ファウラー氏以来の記録

 イングランド1部リバプールは、現地時間2月27日にリーグカップ(カラバオカップ)決勝でチェルシーと対戦する。タイトルの懸かった大一番を前に、英公共放送「BBC」は、リーグカップにおける日本代表MF南野拓実の活躍が特筆すべきものとして、特集を組んでいる。

 リバプールとチェルシーは、ともに世界最高峰のスター選手たちを揃えている。そのため、両チームの監督が誰を先発メンバーで起用し、誰をベンチ入りさせるかは、大きな注目ポイントとなっている。

 そのリバプールにあって南野は、リーグ戦ではなかなか出場機会を得られていない。それでも、リーグカップではここまで5試合に出場し、そのうちの4試合で先発。ただ出場するだけでなく、4得点1アシストと結果を残し、クラブの決勝進出にも大きく貢献した。

 冬の移籍市場でリバプールはポルトガル1部ポルトからコロンビア代表FWルイス・ディアスを獲得したこともあり、南野の立場は決して安泰ではない。それでも、「BBC」は南野が5試合で4得点を挙げたという記録に着目。「リバプールの選手で、単独のカップ戦において最後に4得点以上を記録したのは、2000-01シーズンのFWロビー・ファウラー以来。彼は6得点を挙げて、ジェラール・ウリエ監督率いるチームの優勝に貢献した」と、南野の得点数が際立ったものであることを紹介した。

 なお、2000-01シーズンの決勝では、リバプールはバーミンガムと対戦。1-1の引き分けの末に、PK戦を5-4で制して、クラブ史上6度目の優勝を飾っている。リバプールの唯一のゴールを挙げたのは、この大会の得点王に輝いたファウラーだった。

 現在、南野は得点ランク3位タイとなっており、決勝でゴールを挙げれば得点王になる可能性も高い。今季のリバプールでリーグカップの全5試合に出場している唯一の選手であるだけに、南野には決勝でも出場機会を掴むと同時に、ゴールへの期待も懸かる。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング