南野拓実、リバプール通算50試合の節目で今季7ゴール目! ファンも興奮「最高!」「一瞬のスピードに惚れた」

リバプールMF南野拓実が追加点を奪取【写真:AP】
リバプールMF南野拓実が追加点を奪取【写真:AP】

リバプール南野がFA杯4回戦・カーディフ・シティ戦でこぼれ球に反応し追加点

 イングランド1部リバプール所属の日本代表FW南野拓実は、FAカップ(FA杯)4回戦・英2部のカーディフ・シティ戦で今季公式戦7ゴール目を決め、SNS上でファンからも「最高!」「一瞬のスピードに惚れた」と脚光を浴びている。

 カップ戦での起用の多い今季の南野は現地時間2月6日、節目となるリバプール通算50試合出場となるFA杯4回戦・カーディフ・シティ戦で先発。後半8分には南野が倒されて得たフリーキックからFWディオゴ・ジョッタが先制点を決めるなど、調子の良さを示していたなか、同23分に結果を出した。

 相手ペナルティーエリア内でプレッシャーをかけた新加入FWルイス・ディアスがボールを奪取。中央へのグラウンダーのクロスが流れたところに南野が素早く走り込み、追加点を奪った。

 このゴールシーンがDAZN公式ツイッターで公開されると、ファンから「最高タキ!!」「一瞬のスピードに惚れた」「ディアスのアシストなのも神」「出場すれば結果残す南野選手惚れる」と興奮収まらぬ様子を見せていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング