JFL鈴鹿加入の三浦知良が移籍決断の理由に言及 「監督であり、兄でもあるヤスさんの存在が大きかった」

元日本代表FW三浦知良(写真右)【写真:(C)鈴鹿ポイントゲッターズ】
元日本代表FW三浦知良(写真右)【写真:(C)鈴鹿ポイントゲッターズ】

J3昇格のチャンスがあること、昨年のいいサッカーのイメージに共感

 JFL(日本フットボールリーグ)の鈴鹿ポイントゲッターズに期限付き移籍した“カズ”こと元日本代表FW三浦知良が1月31日、オンラインでの新加入会見を実施。54歳での新たな挑戦に「自分自身も成長していきたい」と意気込んだ。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 J1最年長出場記録を持つ54歳の“キングカズ”は、2005年から横浜FCでプレー。プロ36年目の昨季、リーグ戦で1試合、カップ戦では出場3試合にとどまり、出場機会を求めて移籍を模索していた。

 Jリーグや下部カテゴリークラブからの複数オファーが報じられていたなか、兄の泰年氏が監督兼ゼネラルマネージャーを務めるJFL鈴鹿への移籍が浮上。背番号「11」にちなみ、1月11日午前11時11分に移籍が発表され、「ピッチの上でクラブの勝利に貢献できるよう努力していきます」とクラブを通じて声明を残した。

 鈴鹿は1月31日、地元で全体練習をスタート。カズも参加し、その後に午後3時からの加入会見に登壇した。

 鈴鹿ポイントゲッターズ社長の吉田雅一氏は、兄・泰年氏から助言があったことを明かしたうえで、「J3リーグ昇格、プロクラブに向けての大きな存在になってくれると確信し、オファーしました」と語った。

 カズは「JFLという舞台で戦えるチャンスをくれたチームにとても感謝しています」と切り出し、新天地に鈴鹿ポイントゲッターズを選んだ理由に触れた。

「JFLからJ3に昇格するチャンスがあるということ、昨年といいサッカーをしていて自分が入ったイメージを持てたこと。そして、監督であり、兄でもあるヤスさん(泰年氏)の存在が大きかったと思います。クラブの目標であるJ3昇格、そこを一番大事にしている。そこに向かって、チームの成長、自分自身の成長をしていきたい」

 カズの情熱は、今年2月26日に55歳となる今もまったく衰える気配はない。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング