日本代表候補が“ゴールラッシュ”締め ベテラン長友が「やりやすかった」と語った24歳アタッカーは?

長友佑都が名古屋グランパスMF相馬について言及【写真:(C)JFA】
長友佑都が名古屋グランパスMF相馬について言及【写真:(C)JFA】

国内組のみで行われた日本代表候補合宿・最終日に流通経済大学との練習試合を実施

 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選(中国戦/1月27日、サウジアラビア戦/2月1日)に向けて国内組のみで行われた日本代表候補合宿は21日に最終日を迎え、流通経済大学との練習試合(45分×2本)で7-0(3-0、4-0)の勝利を収めた。

【PR】ABEMA de DAZNで欧州サッカー生中継!伊東・鎌田ら注目の日本人選手所属クラブの試合を一部無料生中継!

 当初は、この日にキリンチャレンジカップのウズベキスタン戦を予定していたが、新型コロナウイルスのオミクロン株流行により、対戦相手の入国が認められず中止。流経大との練習試合で実戦感覚を確かめた。

 試合は、1本目に右サイドバックを務めたDF酒井宏樹(浦和レッズ)が「風が強すぎた。もうちょっと良いコンディションでやれればと思った」と苦笑いを浮かべたように、強風の中で実施。終始、アンカーを置いた4-3-3システムが採用され、強風によりロングパスやトラップのコントロールに慎重になる場面もあったが、落ち着いたプレーで得点を重ねた。

 日本は1本目の前半3分に右ショートCKから先制点を奪取。キッカーのMF脇坂泰人(川崎フロンターレ)が、MF江坂任(浦和レッズ)の残したボールをゴール方向へグラウンダーでパス。中央で飛び込んだFW大迫勇也(ヴィッセル神戸)が得点した。

 流経大の右サイドバックが高い位置を取るなか、その背後のスペースをスピードのある左ウイングのFW相馬勇紀(名古屋グランパス)が突く展開が多く、前半16分には左サイドを攻め込んだ流れで、ハイプレスからボールを回収。こぼれ球を拾った相馬がミドルシュートを突き刺して加点した。

 さらに前半20分、左サイドバックの長友佑都(FC東京)が相馬に前で起点を作らせる間に押し上げ、バックパスを受けてクロスを供給。中央に絞った左FW武藤喜紀(神戸)が合わせてネットを揺らした。

 長友は、相馬との連係について「初めて組んだと思うけど、非常にやりやすかった。10年くらい……は言い過ぎだけど、それくらい一緒にやっているような落ち着きや安心感があった」と手ごたえを口にした。守備ではDF谷口彰悟(川崎)、DF中谷進之介(名古屋)、MF稲垣祥(名古屋)らが中央を封鎖し、ボールを奪い続けた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング