部活サッカー「本当にやばい」と回想 闘莉王が“カルチャーショック”告白「あれはちょっと驚き」

闘莉王氏が高校時代を振り返った【写真:荒川祐史】
闘莉王氏が高校時代を振り返った【写真:荒川祐史】

公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」で高校時代の部活サッカーへ言及

 青森山田(青森)の圧倒的な強さで幕を閉じた第100回全国高校サッカー選手権。かつて千葉県屈指の進学校を選手権に牽引した元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏は部活で味わったカルチャーショックを振り返っている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 闘莉王氏の公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」のテーマは部活サッカー。ブラジルで生まれ育ち、東大進学率トップクラスの渋谷幕張高校への留学をきっかけに来日した闘将は「部活? カルチャーショックどころではない。本当にやばい」と振り返った。

 ブラジルでは天然芝のグラウンドで練習を行うが、部活時代は砂のグラウンドで練習をしていた。

「トンボっていうんですか? あれでグラウンドを整備しないと行けない。あれにはびっくりしましたね。トンボ見るのも初めて。ブラジルではコーヒー畑で使われるもの」

 グラウンド整備器具の存在に驚いたという闘莉王氏。「スライディングしないといけないでしょ(砂のグラウンドでも)。いまだにこうステーキがあるんですけれど。周りに。あれはちょっと驚きましたね。想像もしていなかった」

 当時作った擦り傷がいまだに刻まれていると語る闘莉王氏。サッカー王国出身の闘莉王少年が日本独特の部活カルチャーで受けた衝撃を振り返る興味深い回になっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング