「不運の洗礼」 ユトレヒトFW前田直輝、移籍後初出場も11分で負傷交代「デビュー戦スタメン史上最短出場」

FW前田直輝がデビュー戦で負傷交代【写真:Getty Images】
FW前田直輝がデビュー戦で負傷交代【写真:Getty Images】

第19節アヤックス戦で移籍後初出場、開始早々に相手の強烈タックルで負傷

 今冬、名古屋グランパスからオランダ1部ユトレヒトに移籍したFW前田直輝が、1月16日の第19節アヤックス戦(0-3)で先発出場。新天地デビューを果たしたが、開始11分で負傷交代したなか、クラブ公式は「デビュー戦スタメンとしては史上最短出場」と伝えている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 前田は昨年12月、期限付き移籍でユトレヒトへ移籍。アヤックス戦で念願の新天地デビューを飾ったが、開始早々の前半8分にまさかのアクシンデントが発生した。

 前田は右サイドのこぼれ球に反応し、トップスピードで突破を試みた。しかし、球際に飛び込んだ相手の強烈タックルを受けてピッチに倒れ込み、一度は立ち上がったもののプレー続行は不可能と判断。そのまま無念の負傷交代を余儀なくされている。

 試合後、クラブ公式サイトでは試合レポートを掲載。チームの敗北を伝えた一方、「アヤックス戦では、前田直輝がユトレヒトでデビューした。藤田俊哉、高木善朗に続き、日出ずる国から3人目のユトレヒトの選手となった前田は、不運の洗礼を受けることになる。前半11分、負傷のためオトマン・ブサイドと交代せざるを得なくなり、デビュー戦のスタメンとしては史上最短出場時間となった」と記している。

 前田のデビュー戦11分での負傷交代は不運な記録として報じられていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング