「なんてインパクトだ!」 FW指宿洋史、豪州移籍発表翌日に“衝撃”新天地デビュー弾で称賛の嵐

FW指宿洋史(写真右)がデビュー戦で新天地初ゴールを決めた【写真:Getty Images】
FW指宿洋史(写真右)がデビュー戦で新天地初ゴールを決めた【写真:Getty Images】

清水からアデレード・ユナイテッドへ移籍 後半から途中出場して貴重な同点ゴール

 1月14日に清水エスパルスからアデレード・ユナイテッド(オーストラリア)へ完全移籍したFW指宿洋史が、移籍発表翌日に早速ゴールを叩き込んだ。15日の第10節メルボルン・シティ戦で後半26分から途中出場し、貴重な同点ゴールを決めて2-2ドローに貢献している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 現在30歳の指宿は、スペインのジローナやレアル・サラゴサB、CEサバデル、セビージャなどでプレー。2014年夏にアルビレックス新潟へ加入し、ジェフユナイテッド千葉、湘南ベルマーレを経て、21年1月に清水エスパルスに加入すると、昨季は19試合1ゴールだった。

 今年1月14日、清水からアデレード・Uへの移籍を発表。すると翌日のメルボルン戦で後半26分から途中出場し、同39分に左コーナーキックのこぼれ球に反応した指宿は、倒れ込みながらも移籍後初ゴールをマークした。

 クラブ公式ツイッターは「なんてインパクトだ!」と驚きを露わにし、ファンから「素晴らしいデビュー!」「ナイスゴール」と称賛の声が相次いでいる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング