「日本観光大使だ」 神戸イニエスタ、ユニークな「獅子殿」の堪能ショットに反響

神戸MFアンドレス・イニエスタ【写真:井上智博】
神戸MFアンドレス・イニエスタ【写真:井上智博】

大阪・難波八阪神社を訪れた際の写真をSNSにアップ

 J1ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが自身のSNSを更新。大阪の難波八阪神社を訪れた写真とともに、「日本にはユニークなスポットがたくさんある」と紹介している。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 イニエスタは2018年5月にスペイン1部の名門FCバルセロナから神戸へ加入。加入4シーズン目の昨季は怪我で出遅れながらもリーグ戦23試合6得点をマークし、自身2度目のJリーグベストイレブンに輝いた。

 1月11日から自主トレを開始したキャプテンのイニエスタは、自身のSNSで「難波八阪神社」を訪れた際の写真をアップ。「獅子殿」と呼ばれる大きな獅子がいるユニークな神社として有名なパワースポットをバックに、私服でポーズを決める姿が収められている。

 投稿には、ファンから「もはや親善大使」「イニエスタがここにいるなんて不思議な感じ」「かわいい」「イニエスタがみんなから愛される理由が分かる」「日本観光大使だ」といった声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング