【Jリーグ去就動向】川崎ブラジル人MFの22年シーズン残留が決定、C大阪に34歳ベテランCBが復帰

川崎MFシミッチは今季の契約を合意、柏DF山下は2年半ぶりにC大阪に復帰(※山下は2020年の写真です)【写真:Getty Images & 小林 靖】
川崎MFシミッチは今季の契約を合意、柏DF山下は2年半ぶりにC大阪に復帰(※山下は2020年の写真です)【写真:Getty Images & 小林 靖】

川崎がシミッチと今季の契約を合意 DF山下は2年半ぶりにC大阪に復帰

 川崎フロンターレは1月12日、ブラジル人MFジョアン・シミッチと新シーズンの契約に合意したことを発表した。

【移籍一覧】Jリーグ全56クラブ「2021-22|退団・戦力外&新加入選手」

 現在28歳のシミッチは2019年に名古屋グランパスに加入しJリーグデビュー。昨季に川崎に完全移籍で加入し、リーグ戦25試合に出場し、1アシストを記録した。

 シミッチはクラブを通じてファン・サポーターにコメントを送っている。

「今シーズンも川崎フロンターレでプレーすることになりました。自分が出来る事に全力で取り組みたいと思います。そして今シーズンも皆さんと一緒に戦い、たくさんのタイトルを勝ち取れると思っています。よろしくお願いします」

 また、セレッソ大阪は柏レイソルからDF山下達也を完全移籍で獲得したと発表。34歳の山下は2006年に御影工業高校からC大阪へ加入後、11年に北海道コンサドーレ札幌へ移籍したものの、翌年に復帰し7シーズン半プレーした。19年夏に柏へ完全移籍し、昨シーズンはリーグ戦2試合の出場にとどまっていた。

 約2年半ぶりの古巣復帰が決定した山下は、なじみのあるC大阪サポーターに強い意気込みをコメントしている。

「ここでまたプレーできることに感謝と喜びの気持ちでいっぱいです。チームにいい影響を与えられるように、全力でプレーしていきたいと思います。みんなで良い一年にしましょう」

【1月12日発表、その他の主な移籍動向】

■浦和レッズ
DF 西 大伍(契約満了)

■SC相模原→セレッソ大阪
DF 舩木 翔(期限付き移籍から復帰)
GK 真木晃平(完全移籍)

■ロサリオ・セントラル(アルゼンチン)→ベガルタ仙台
MF レアンドロ・デサバト(加入内定)

■川崎フロンターレ→藤枝MYFC
DF 神谷凱士(期限付き移籍)

■大阪産業大学→大分トリニータ
GK 濵田太郎(大卒加入)

■ギラヴァンツ北九州→VONDS市原(関東1部)
DF 新井博人(完全移籍)

■ロアッソ熊本→テゲバジャーロ宮崎
FW 北村知也(完全移籍)


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング