「ズゴイ!!」 54歳“キング”三浦カズ、JFL移籍決定にファン驚き「えらいこっちゃ」「ほんとに来た」

元日本代表FW三浦知良【写真:Getty Images】
元日本代表FW三浦知良【写真:Getty Images】

横浜FCから期限付き移籍でJFLの鈴鹿ポイントゲッターズへ

 JFLの鈴鹿ポイントゲッターズは1月11日、元日本代表FW三浦知良を横浜FCから期限付き移籍で獲得したことを発表。“キングカズ”のJFL初見参が決まったことへ、SNS上では「ほんとに来た」「JFLでカズが見れる」などの声が上がっている。

 J1最年長出場記録を持つ54歳の“キングカズ”は、2005年から横浜FCでプレー。プロ36年目の昨季、リーグ戦で1試合、カップ戦では出場3試合にとどまり、出場機会を求めて移籍を模索していた。

 Jリーグや下部カテゴリークラブからの複数オファーが報じられていたなか、兄の泰年氏が監督兼ゼネラルマネージャーを務めるJFL鈴鹿への移籍が浮上。背番号「11」にちなみ、11日午前11時11分に移籍が発表され、「ピッチの上でクラブの勝利に貢献できるよう努力していきます」とクラブを通じて声明を残した。

 カズのJFL初見参が決まると、鈴鹿の公式SNS上では「ズゴイ!! マーク三重にKING」「JFLでカズが見れる」「ほんとに来た」「えらいこっちゃ」「キングきたーーー」など、驚きの声が続々。54歳での新たなチャレンジは、22年のサッカー界において注目を浴びそうだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング