シント=トロイデン、香川真司と基本合意を発表「強い気持ちを持って加入を決断した」 メディカルチェックを経て正式契約へ

シント=トロイデンが香川真司と基本合意【写真:Getty Images】
シント=トロイデンが香川真司と基本合意【写真:Getty Images】

クラブが公式発表

 ベルギー1部シント=トロイデンは1月10日、MF香川真司と基本合意に達したと発表した。香川は渡欧後、メディカルチェックなどを経て正式契約が結ばれる予定となっている。

 現在32歳の香川は2010年にセレッソ大阪からドルトムントに移籍。ユルゲン・クロップ監督の下、加入1年目の10-11シーズンにチームのブンデスリーガ制覇に貢献すると、翌11-12シーズンにはリーグ連覇を経験した。12年夏にはマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したが、14年にドルトムントへ復帰。その後はトルコのベシクタシュ、スペインのレアル・サラゴサ、PAOKを渡り歩き、無所属となっていた。

 香川、立石敬之CEOのコメントは以下のとおり。

■香川のコメント
「初めまして、香川真司です。強い気持ちを持ってSTVVに加入することを決断しました。チームの目標を達成するために、自身のプレーや経験で貢献していきたいです。早く有観客で試合が開催されて、ファン、サポーターの皆さまの前でプレーできる日を楽しみにしています。今後とも応援よろしくお願いいたします」

■立石敬之CEOのコメント
「今回の香川選手との契約は、STVVにとっても香川選手自身にとっても新しいチャレンジとなります。皆さんが持っている香川選手のイメージとは違うものを私たちは生み出したいと思います。STVVが更なる高みを目指すために彼の進化に懸けてみます」

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング