大久保嘉人、恩師・小嶺氏の訃報に衝撃 「怖いと思われていた先生」の“素顔”にあふれる想い「先生が作ってくれたサッカー人生」

昨季限りで現役引退をした大久保嘉人が亡くなった小嶺忠敏氏に哀悼の意【写真:Getty Images】
昨季限りで現役引退をした大久保嘉人が亡くなった小嶺忠敏氏に哀悼の意【写真:Getty Images】

小嶺氏の薫陶を受けて覚醒、恩師への思いを吐露「本当にありがとうございました」

 国見高校(長崎)を率いて6度の高校サッカー選手権優勝を成し遂げた小嶺忠敏氏(76歳)の死去を受けて、昨季限りで現役を引退した元日本代表FW大久保嘉人氏が自身のSNSを更新。突然の訃報に驚きを露わにした一方、「先生に直接、引退の報告ができて良かった」「先生が作ってくれた大久保嘉人のサッカー人生」とあふれる思いを綴っている。

 大久保は昨年11月19日に2021年シーズン限りでの現役引退を発表。12月12日の天皇杯準決勝・浦和レッズ戦に先発出場するも0-2で敗れて現役ラストマッチを終えていた。国見高時代に小嶺氏の薫陶を受けて覚醒したストライカーは、高校選手権でも活躍。そしてセレッソ大阪に加入し、プロの門を叩いた。

 大久保はインスタグラムを更新。恩師への感謝とともに、エピソードを明かしている。

「先生の突然の訃報に接し、心から哀悼の意を表します。先生に教わったこと全てが今の自分になっています。怖い怖いと思われていた先生。でも、私が知っている先生は本当に優しくて、いつも最高の笑顔を見せてくれる先生でした。そして先生に直接、引退の報告ができて良かった。先生が作ってくれた大久保嘉人のサッカー人生を、最後の最後まで見届けてくださり、本当にありがとうございました。大久保嘉人」

 以前、自身のSNSで「オレの原点は、間違いなく国見高校 #インターハイ #国体 #高校サッカー選手権 #3冠」と発信していた大久保。恩師への感謝の思いは不変であり、自身のサッカー人生の礎となった国見高時代の思い出が色褪せることはない。

(FOOTBALL ZONE編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング