「本当に悲しくて」 神戸・三浦淳寛監督が小嶺氏哀悼 恩師に感謝「座右の銘は先生から頂いた『自信と過信は紙一重』」

神戸を率いる三浦淳寛監督が亡くなった小嶺忠敏氏に哀悼の意【写真:Getty Images】
神戸を率いる三浦淳寛監督が亡くなった小嶺忠敏氏に哀悼の意【写真:Getty Images】

亡くなった小嶺忠敏氏に哀悼の意

 国見高校(長崎)を率いて6度の高校サッカー選手権優勝を成し遂げた小嶺忠敏氏(76歳)が7日に死去。小嶺氏の教え子で、現在J1ヴィッセル神戸を率いる三浦淳寛監督が哀悼の意を表し、「本当に悲しくて、残念です。今の自分があるのは小嶺先生のお陰です」とコメントしている。

 小嶺氏は高校サッカー選手権で国見高を6度の優勝に導く手腕を発揮。名将として知られ、FW高木琢也、FW大久保嘉人、FW平山相太、MF三浦淳宏らを輩出し、その後は長崎総合科学大学附属高等学校サッカー部の監督も務めていた。

 三浦監督のコメントは以下のとおり。

「突然のご不幸を伺って、本当に悲しくて、残念です。今の自分があるのは小嶺先生のお陰です。

小嶺先生のもと、高校時代、日本一を目指して厳しいトレーニングをする事で、実際に日本一になることができました。何より高校生活で学んだことは、人間性の部分です。先生からは、『良い選手である事は素晴らしい。自分の人生を考えた時には、それだけでなく、良い人間性だと言われるような大人になって欲しい』と言葉をもらいました。高校三年間で今の自分の基礎となる人間教育を受けました。自分も常に謙虚さや、今の自分がどうなのかを振り返る事、そういう事を当たり前にできるようになりました。それは、小嶺先生の教育のおかげだと思っています。

今の自分の座右の銘は、高校時代に小嶺先生から頂いた『自信と過信は紙一重』です。この言葉を忘れずに人生を進めていきます。

先生はサッカーに懸ける情熱は誰よりも持っている先生だと思いますし、今までずっと突っ走ってサッカーに懸けてきた分、天国で少し休んで欲しいなと思います。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ご冥福をお祈りします」

(FOOTBALL ZONE編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング