G大阪MF矢島慎也、大宮へ完全移籍を発表 「ガンバの選手としてプレーができなくなり悔しい」

MF矢島慎也が大宮へ完全移籍【写真:Getty Images】
MF矢島慎也が大宮へ完全移籍【写真:Getty Images】

クラブが公式発表

 J1ガンバ大阪は1月6日、MF矢島慎也が大宮アルディージャへ完全移籍すると発表した。

 現在27歳の矢島は2012年に浦和レッズの下部組織からトップチームへ昇格。当初は思うように出場機会を得られず、15年にファジアーノ岡山へ移籍して活躍すると、17年に浦和へ復帰。その後、G大阪、ベガルタ仙台でプレーし、19年から再びG大阪に在籍していた。

 G大阪の公式サイトを通じて「どんなときも変わらず応援していただきありがとうございました。今シーズン、ガンバ大阪の選手としてプレーすることができなくなり悔しいですが、ギリギリの状況で迎えた 2019年のホームのダービーで多くのサポーターの方々が作り上げてくれたあのときの高揚感、雰囲気はこの先忘れることはありません。約4年間ありがとうございました」とコメントした。

 また新天地となる大宮の公式サイトで「初めまして。 今シーズンから大宮アルディージャでプレーすることになりました、矢島慎也です。大宮という自分にとって馴染みのある街、そして素晴らしいスタジアムでプレーするチャンスを与えてくれたクラブに感謝し、チームの目標に貢献できるように頑張ります」と意気込みのコメントを残している。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

【読者アンケート】Jリーグ・2022シーズン「期待の新戦力」

(FOOTBALL ZONE編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング