「明るい彼女」 日米ハーフの27歳Jリーガー、新妻との入籍2ショット公開「素敵です」

町田に所属するGKポープ・ウィリアム【写真:Getty Images】
町田に所属するGKポープ・ウィリアム【写真:Getty Images】

新シーズンから町田でプレーするGKポープ・ウィリアム、SNSで入籍を報告

 J2のFC町田ゼルビアに所属するGKポープ・ウィリアムが、自身のインスタグラムを更新。「私事になりますが、お付き合いしていた女性と入籍しました」と綴り、新妻との2ショットを公開している。

 アメリカ人の父と日本人の母を持つ27歳のポープ・ウィリアムは、東京ヴェルディの下部組織からトップ昇格し、2年目の2014年にプロデビュー。その後、FC岐阜、川崎フロンターレ、大分トリニータ、ファジアーノ岡山と渡り歩き、昨季所属した大分では念願のJ1デビューを果たし、リーグ戦14試合に出場した。

 昨年末に町田への完全移籍が発表され、新シーズンに向けてさらなる飛躍を期する27歳の守護神は、1月2日に更新されたインスタグラムで、入籍を報告。「ご報告があります。私事になりますが、お付き合いしていた女性と本日入籍しました。責任と覚悟を持って家庭を守りたいと思います。元気で明るい彼女のおかげで毎日が本当に楽しく、充実した日々を送っています。これからは夫婦として長い人生を一緒に歩んで行きたいと思います!!」と綴り、新妻との2ショット写真を添えている。

 この投稿に、DF畠中槙之輔、DF岩田智輝(ともに横浜F・マリノス)ら現役Jリーガーが祝福コメントを寄せるとともに、ファンからも「おめでとうございます」「お二人素敵です」「なんて素敵な」「綺麗な奥様」といった賛辞が寄せられ、新年早々の投稿が祝福ムードに包まれていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング