「どのように動いた?」 コロンビア代表MFハメス、練習で披露の圧巻ブレ球弾に海外騒然

アル・ラーヤンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス【写真:Getty Images】
アル・ラーヤンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス【写真:Getty Images】

練習で完璧なブレ球シュートを放ち、ゴールネットを揺らす

 カタール1部アル・ラーヤンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、インスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)でシュート練習の模様を公開。急激に変化するブレ球でゴールネットを揺らし、海外メディアも注目している。

 ハメスはこれまでFCポルト、ASモナコ、レアル・マドリード、バイエルン・ミュンヘンと強豪でプレーし、昨季はイングランド1部エバートンで23試合6ゴールの成績を残した。しかし、今季開幕前にラファエル・ベニテス新監督の下で戦力外となり、昨年9月にアル・ラーヤンへ移籍。10月26日の第7節アル・スィーリーヤ戦(4-2)では先発出場し、移籍後初ゴールも決めた。

 昨年11月にはライトグリーンに染まったカラフルヘアのイメチェンが話題を呼んだハメス。1月4日のリーグ第12節ウム・サラル戦が2022年初戦となる。

 そのなかで、調整は上々のようだ。インスタグラムのストーリーに投稿した動画では、シュート練習のひとコマを収録。ペナルティーアーク後方から左足をコンパクトに振り抜いた一撃は、ゴール左上隅に向かって浮き上がり、そこから急激に落下してゴールに突き刺さった。練習とはいえ、GKがまったく反応できない変化だった。

 スポーツ専門局「ESPN」の情報番組「スポーツセンター」は、「ボールはどのように動いた? ハメスがとてつもないゴール」とレポート。アルゼンチンメディア「infobae」も「信じられない一撃」と注目していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング