レッドカードが恋のキューピット? オランダ人DFと女性審判員がSNSで交際宣言で海外注目

オランダ2部エメンに所属するDFイェフ・ハルデフェルト【写真:Getty Images】
オランダ2部エメンに所属するDFイェフ・ハルデフェルト【写真:Getty Images】

エメンDFハルデフェルトと国際審判員のショナ・シュクルラさんが交際を公式発表

 オランダ2部エメンに所属するDFイェフ・ハルデフェルトが、自身のインスタグラムで恋人との2ショットを公開して話題になっている。というのも、その相手が、国際審判員でもあるショナ・シュクルラさんだったからだ。2人は、イタリアのローマで新年を過ごし、互いのSNSで交際を発表した。

 シュクルラさんは、2009-10シーズンからオランダサッカー協会(KNVB)の審判員として活動をしており、2017年からは国際サッカー連盟(FIFA)の国際審判員としても登録され、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)や欧州選手権(EURO)、ワールドカップ(W杯)予選も担当している。

 そんなシュクルラさんと、ハルデフェルトの出会いは、約5か月前の昨年8月13日に行われたオランダ2部リーグ第2節、エメンとFCアイントホーフェンの一戦だったという。この試合、ハルデフェルトの所属するエメンは0-1で敗れたうえに、彼はアディショナルタイム1分に一発退場となった。2人の交際に発展したいきさつは明らかにされていないが、この退場によって、会話をする機会があったのかもしれない。

 ハルデフェルトとシュクルラさんは、2022年のスタートをローマで迎えたようで、それぞれのインスタグラムに抱き合っている2ショットの写真を公開した。ハルデフェルトは「2022」と絵文字を2つつけ、新年を祝う書き込みをしている。一方、1万9000人を超えるフォロワーを持つシュクルラさんは、4枚の写真とともに「It‘s Oficial(公式発表)」と、ハルデフェルトのアカウントを記載し、交際宣言をしている。

 スペイン紙「マルカ」は、「シュクルラは選手との関係を珍しい方法で発表」とレポート。スイス紙「ブリック」も「彼らのクレイジーな愛はレッドカードから始まった」と伝えている。

 あまり例を見ない選手と審判のカップルだが、2人の投稿には、多くの祝福が寄せられている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング