三浦カズ、JFL鈴鹿への期限付き移籍を発表 54歳で新天地へ…11日11時11分に公表「努力していきます Boa Sorte」

元日本代表FW三浦知良【写真:Getty Images】
元日本代表FW三浦知良【写真:Getty Images】

2005年から在籍していた横浜FCを退団

 JFLの鈴鹿ポイントゲッターズは1月11日、元日本代表FW三浦知良を横浜FCから期限付き移籍で獲得したことを発表した。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 J1最年長出場記録を持つ54歳の”キング・カズ”は、2005年から横浜FCでプレー。プロ36年目の昨季、リーグ戦で1試合、カップ戦では出場3試合にとどまり、出場機会を求めて移籍を模索していた。

 Jリーグや下部カテゴリークラブからの複数オファーが報じられていたなか、兄の泰年氏が監督兼ゼネラルマネージャーを務めるJFL鈴鹿への移籍が浮上。本人も新天地へのチャレンジへ前向きなコメントを発していた。

 鈴鹿への発表のタイミングは、背番号「11」にちなみ、11日午前11時11分に公表。声明では「ピッチの上でクラブの勝利に貢献できるよう努力していきます」とコメントを発表している。

■選手コメント
鈴鹿ポイントゲッターズに関わるすべての皆さんこんにちは。三浦知良です。この度横浜FCより加入することになりました。ここでプレーする機会を与えていただけたことに感謝し、ピッチの上でクラブの勝利に貢献できるよう努力していきます。よろしくお願いします。Boa Sorte

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング