関東第一MF若松歩、“新国立第一号”メモリアル弾の舞台裏告白「こぼれ球が役割だった」

関東第一MF若松歩【写真:荒川祐史】
関東第一MF若松歩【写真:荒川祐史】

開幕戦で中津東に6-0快勝、当事者がメモリアル弾を回想

 第100回全国高校サッカー選手権は12月28日に開幕戦が行われ、メモリアル大会の初ゴールは関東第一(東京B)のMF若松歩が決めた。中津東(大分)に6-0と快勝した関東第一が2回戦へ駒を進めたなか、若松がゴールの舞台裏を振り返っている。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 関東第一は前半13分、コーナーキックのチャンスを迎えた。ペナルティーエリアの角付近に多くの選手が集まるデザインされたプレーだったが、「こぼれ球が役割だった」背番号「8」のところにボールが飛んできた。

 それを右足で冷静に蹴り込んだ若松は「第一号ゴールは意識せず、チャンスを作ることを意識していたけど、コーナーキックからこぼれてきたので、決められるなと。嬉しかった。セットプレーは練習からいろいろなものをやっていて、こぼれた時に自分が処理する役割でもあったので、そこで決められて良かった」と笑顔だった。

 1年前の前回大会には右サイドバックで出場したが、今回は左サイドハーフで出場。ユーティリティー性も武器に「身体能力はあまり高くないけど、ワンツーではがすところなど仲間を上手く使って左サイドからチャンスメイクできたと思う。シュートには自信を持っているけど、ゴールというのではなくチャンスメイクで貢献しようと思う」と、自分の役割についても話した。

 6得点のゴールラッシュとなった関東第一だが、独特の緊張感に包まれる開幕戦だっただけに、最初の決定機をものにした一撃がチームに大きな勢いをもたらした。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング