徳島MF岸本武流が清水へ完全移籍 「歴史あるエスパルスというクラブで名を残せるように全力で頑張りたい」

徳島MF岸本武流が清水へ完全移籍【写真:Getty Images】
徳島MF岸本武流が清水へ完全移籍【写真:Getty Images】

今季は徳島でJ1リーグ戦36試合5得点を記録

 清水エスパルスは12月25日、徳島ヴォルティスからMF岸本武流を完全移籍で獲得したことを発表した。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 セレッソ大阪の下部組織出身である岸本は、2016年にトップチーム昇格後、18年に育成型期限付き移籍したJ2水戸ホーリーホックでリーグ戦38試合に出場。翌年、徳島に育成型期限付き移籍で加入し、シーズン中に完全移籍が決まった。自身初のJ1リーグ出場も果たした今季は36試合5ゴールという成績だった。

 清水移籍が決まり、クラブを通じての岸本のコメントは以下のとおり。

「このたび、徳島ヴォルティスより完全移籍で清水エスパルスに加入することになりました岸本武流です。歴史ある清水エスパルスというクラブで名を残せるように全力で頑張りたいと思います。エスパルスサポーターの皆さんがつくり出すあの雰囲気の中で、プレーできることを楽しみにしています。応援よろしくお願いします!」

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング