「やっぱりかっこいい」 J2大宮、「リスの尾モチーフ柄」新ユニフォームデザインが話題

大宮の来季新ユニフォームが発表(写真はイメージ)【写真:Getty Images】
大宮の来季新ユニフォームが発表(写真はイメージ)【写真:Getty Images】

散らしたドット柄はスタンドで盛り上げるサポーターのエネルギーをイメージ

 J2大宮アルディージャが12月24日、2022シーズンのユニフォームを発表。そのデザインに「良い感じ」「やっぱりかっこいい」と称賛の声が挙がっている。

 クラブ公式サイトやSNSで新シーズンのユニフォームデザインが公開された。強く魅力あるクラブへ変革するというチャレンジに踏み出すなか、クラブのアイデンティであり地域のシンボルであるリス、その尾をモチーフとした柄を胸の中心に用いて、クラブビジョンに掲げる”強さ”を表現している。

 また散らしたドット柄はスタンドで盛り上げるサポーターのエネルギーをイメージ。サポーターの皆さんと共に上昇していくという思いが込められているという。

 1stユニフォームは上がオレンジ、パンツとソックスがネイビー。2ndユニフォームは上がホワイト、パンツがネイビー、ソックスがホワイトとなっている。またGKの1stユニフォームは、すべてネイビーで統一。一方2ndユニフォームは上がオレンジ、パンツがネイビー、ソックスがオレンジとなっている。

 ファンから「デザイン良い感じ」「ネイビーにオレンジはやっぱりかっこいい」「柄ついてるね!」などの声が挙がった。パートナーロゴなどは、いずれも2022シーズンに掲出を予定しているものながら、「神様仏様docomo様ー」というコメントも寄せられており、注目を集めているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング