際立つ「弱肉強食の論理」 Jリーグに近づく過渡期と重要視される「ステータス」

天皇杯決勝進出した大分トリニータ【写真:Getty Images】
天皇杯決勝進出した大分トリニータ【写真:Getty Images】

【識者コラム】天皇杯で台風の目になった大分に見た、ベーシックな部分の向上の難しさ

 今年の天皇杯で台風の目になったのは、J2への降格が決まっている大分トリニータだった。

 ベスト4が決まった時点で、大本命は川崎フロンターレだったはずだ。鬼木達監督も早くからリーグとの二冠達成の目標として公言してから、天皇杯の準決勝は最高のモチベーション、コンディションで臨んで来るのは間違いなかった。つまり、格下の大分が波乱を起こす材料を探すのは難しかった。

 だが、大分を率いる策士・片野坂知宏監督は、リーグ戦とは異なる戦術を選択。中盤をダイヤモンド型にして、本来ボランチの下田北斗をトップ下に配し、川崎のアンカー橘田健人の監視役にするなど、プレッシングのマッチアップを明確にして序盤から飛ばした。それでも川崎優勢は動かず、ポゼッションや決定機も含めて圧倒した内容ではあったが、延長戦の終了間際に追いついた大分がPK戦を制して大番狂わせを演じた。

 勢いに乗る大分は決勝戦でも終了間際に浦和レッズに追いつき、片野坂監督も「再びミラクルを起こせるかな」と感じたそうだが、直後に決勝点を献上することになった。

 そして、この試合を最後にチームを去る敗軍の将は語った。

「決勝戦の舞台まで進出できたのは素晴らしい。しかし、カテゴリーが上がると、いくら戦術的にいろんなチャレンジをしても、最終的にはベーシックなところで上回れるかどうかの戦いになる」

 サッカーで最も難しいのが、ベーシックな部分の向上だ。要するに選手の質の勝負ということになり、どんな優れた策を用いてもそこを補い切るのは至難の業だ。裏を返せば大分の善戦はノックアウト方式ならではのもので、リーグ戦で通用しなかったことは結果が示している。

page1 page2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング