鹿島、初のカラーコンビネーション採用の22年新ユニフォームにファン反応 「シンプルだけど、そこがいい」

鹿島が2022年シーズン用の新ユニフォームを発表【写真:©NIKE】
鹿島が2022年シーズン用の新ユニフォームを発表【写真:©NIKE】

ホームユニフォームはクラブ初のカラーコンビネーションを採用

 鹿島アントラーズは12月20日、2022年シーズン用の新ユニフォームを発表。エンブレムカラーから着想を得たカラーコンビネーションのデザインに、ファンもすかさず反応している。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 2022年のホームユニフォームは、クラブ創設30年を経て、次の10年に向けた「革新と挑戦」と、クラブが積み上げてきた「歴史と伝統」を表現することにフォーカス。チームカラーの基本に立ち返り、エンブレムのカラーから着想を得て、ホームユニフォームとしてはクラブ初めてとなるディープレッド、グレー、ダークネイビーのカラーコンビネーションを、モダンでクラシックなルックを融合させたデザインで表現している。

 アウェーユニフォームには、「ビクトリーホワイト」とも呼ばれる「白」をベースとしたカラーを継承し、チームの歴史と伝統、そして鹿島の地域的な要素を融合させた幾何学模様を採用。この幾何学模様は、鹿島神宮の重要文化財に指定されている日本三大楼門の1つである「桜門(ろうもん)」の屋根の構造からインスピレーションを得ており、このグラフィックパターンを白と同系色のライトグレーで描くことで、奥行きをも感じさせるデザインに仕上げている。

 ホームユニフォームはFW土居聖真、アウェーユニフォームは今季ベストヤングプレーヤー賞に輝いたMF荒木遼太郎がモデルを務めており、土居は「100%リサイクル素材を使ったユニフォームを、パフォーマンスや着心地を犠牲にせずに作ることができるのは、すごいイノベーションで時代のニーズに合っていると思います。自分も道に落ちているゴミを拾ったりしますが、それも自分でできるひとつのアクションです。日々の行動で社会に貢献し、皆さんにもそうしてもらえればと思っています」とコメントしている。

 鹿島のクラブ公式ツイッターにデザイン写真をアップすると、ファンからは「シンプルだけど、そこがいい」「カッコいい」「2人ともイケメン」といった声のほか、「もう少し赤を濃く…」「ライバルチームに似て…」などと厳しいコメントも見受けられた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング