「デカイ」 レアル中井卓大…身長180センチ超? 石橋貴明との豪華2ショットに驚き【反響シーン2021】

レアル・マドリードの下部組織に所属するMF中井卓大【写真:松岡健三郎】
レアル・マドリードの下部組織に所属するMF中井卓大【写真:松岡健三郎】

【サッカー界の反響シーン2021】「貴さんから『魂』頂きました」と記念撮影

 2021年のサッカー界も数々の出来事が起こったなか、ピッチ内からピッチ外まで記憶に残るシーンや出来事が話題を集めた。今回は、スペインの名門レアル・マドリードの下部組織フベニールA(U-19相当)に所属するMF中井卓大が、身長180センチ級と注目を集めた「とんねるず」石橋貴明さんとの豪華2ショットに取り上げる。

“ピピ”の愛称で知られている中井は、2013年に9歳でレアルの下部組織に入団。順当にカテゴリーを上げ、20-21シーズンはフベニールBに所属し、現在はフベニールAでプレーしている。

 そんな中井がフベニールB時代の今年7月、「貴さんから『魂』頂きました。頑張ります!!」と、とんねるずの石橋貴明さんとの2ショットをツイッターに投稿。身長182センチの石橋さんに負けない背丈にまで成長した姿を見せ、ファンも「ピピが思ってたよりデカい」「ピピくん貴さんと身長変わらなくなってる」と驚きをもって反応していた。

 中井は、10月3日のリーガ・エスパニョーラ第8節エスパニョール戦(1-2)前のトレーニングセッションに、DFダビド・ヒメネス(フベニールB)、DFラファエル・オブラドール(フベニールA)とともに招集されるなど、着実な成長を見せている。

 ベルギー代表GKティボー・クルトワ、ドイツ代表MFトニ・クロース、ブラジル代表MFカゼミーロらとともに収まった写真がレアル公式ツイッターにアップされて注目を集めていた。

 日本サッカー界の宝として期待が集まる中井。フベニールAで結果を残し、トップチーム昇格への足がかりを築けるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング