「究極のアンチプレス・ゴール」 冨安も絡んだアーセナルの“美パスワーク弾”に英仰天

アーセナルでプレーするDF冨安健洋【写真:AP】
アーセナルでプレーするDF冨安健洋【写真:AP】

サウサンプトン戦で3-0と快勝、冨安も絡んだ先制ゴールに英メディアも驚き

 日本代表DF冨安健洋が所属するイングランド1部アーセナルは、現地時間12月11日のリーグ第16節サウサンプトン戦で3-0と快勝。冨安も絡んだ先制弾について「究極のアンチプレス・ゴール」「全員が役割を果たした」と英メディアが称えている。

 第4節から起用が続く冨安は定位置の右サイドバックで先発出場。一進一退の攻防が続くなかで前半21分にアーセナルが見事な崩しを見せる。

 後方でパスをつなぎ、GKアーロン・ラムズデールまで戻されたところから自陣ゴール前でダイレクトパスをつなぎ右サイドへ。パスを受けた冨安がダイレクトパスで中央にボールを預けて再びリターンパスをもらい、右サイドのMFブカヨ・サカにつないでそのままゴール前へ駆け上がる。サカがドリブルで持ち込んで中央へラストパスを送ると、最後はFWアレクサンドル・ラカゼットがダイレクトで蹴り込んで先制ゴールを奪った。

 流れるようなパスワークからゴールが生まれたなか、「究極のアンチプレス・ゴール」と絶賛したのは英メディア「GIVEMESPORT」だ。「ラムズデールが今シーズンの優れた配給能力を示す冷静なパスで最初のプレスの回避した瞬間から始まった」と記し、ベン・ホワイト、トーマス・パーティ、冨安健洋、マルティン・ウーデゴールと全員が役割を果たしたうえ、何人もの相手が寄せても寄せ付けないスムーズなマシンと化した」と伝えた。

 また、英メディア「フットボール・ロンドン」も「ピッチの端から端まで一直線、優れたパスからゴールを切り開いた」と賛辞。ウーデゴール、DFガブリエウ・マガリャンイスの追加点でアーセナルが3-0と快勝したなか、美しいパスワーク弾が脚光を浴びている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド