アーセナル冨安の顔踏みつけ被害、相手選手を韓国メディアが糾弾 「わざとだと疑われるには十分」

エバートン戦にスタメン出場したDF冨安健洋【写真:Getty Images】
エバートン戦にスタメン出場したDF冨安健洋【写真:Getty Images】

冨安の顔を足裏で踏みつけたゴッドフリーの行為が波紋

 日本代表DF冨安健洋が所属するイングランド1部アーセナルは、現地時間12月6日に行われたアウェーのリーグ第15節エバートン戦で1-2と敗れた。右サイドバックでフル出場した冨安が相手選手に顔を足裏で踏まれ、韓国メディアも「VAR稼働でもノーカード」と伝えている。

【PR】ABEMAでプレミアリーグ生中継!三笘所属ブライトンや遠藤所属リヴァプールなど厳選試合を無料生中継!

 試合は、前半アディショナルタイムにMFマルティン・ウーデゴールの一撃でアーセナルが先制。しかし後半29分にFWリシャルリソン、終了間際にMFデマレイ・グレイに被弾し、アーセナルは1-2と逆転負けを喫した。

 脚光を浴びているのは、0-0で迎えた前半28分のシーンだ。冨安が右サイドのライン際でエバートンMFアランと競り合って倒れ、その直後に相手DFベン・ゴッドフリーに足裏で顔面を踏まれる形に。冨安は顎付近に切り傷を負ってわずかに出血しており、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)がチェックするもゴドフリーへカードは提示されず、ノーファウルの判定となった。

 韓国メディア「SPOTVNEWS」は、「顔を踏まれ、出血まで…VAR稼働でもノーカード」との見出しでこのシーンに注目。英公共報道「BBC」が「ゴッドフリーはトミヤスとの交錯を避けられたと思う」と指摘したことにも触れながら、「トミヤスは相手選手に顔を踏まれる経験をした。スロー映像を見ると、ベン・ゴッドフリーはボールを見たあと、トミヤスのほうを確認。その後、顔を踏んだ。わざとだと疑われるには十分な状況だ。VARのチェックも入ったが、カードは何も提示されなかった」と伝えた。

 冨安への“顔踏みつけ行為”は、世界中で反響を呼んでいる。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング