「これはレッドカードだ」 アーセナル冨安、顔面踏まれ出血の“危険行為”に英物議「信じられない」

エバートン戦にスタメン出場したDF冨安健洋【写真:Getty Images】
エバートン戦にスタメン出場したDF冨安健洋【写真:Getty Images】

エバートン戦で1-2と逆転負けを喫したアーセナル、冨安の被害シーンに脚光

 日本代表DF冨安健洋が所属するイングランド1部アーセナルは、現地時間12月6日のアウェー・リーグ第15節エバートン戦で1-2と敗れた。右サイドバックでフル出場した冨安が相手選手に顔面を足裏で踏まれて出血する場面があり、危険行為が物議を醸している。

【PR】ABEMAでプレミアリーグ生中継!三笘所属ブライトンや遠藤所属リヴァプールなど厳選試合を無料生中継!

 その場面が起きたのは0-0で迎えた前半28分だった。冨安が右サイドのライン際でエバートンMFアランと競り合って倒れ、その直後に相手DFベン・ゴッドフリーが足裏で冨安の顔面を踏む形となった。

 そのままプレーは続行したものの、その後にビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)のチェックにより一時中断。冨安は顎付近に切り傷を負って出血したものの、最終的にゴッドフリーへのカードは提示されなかった。

 試合は、前半アディショナルタイムにMFマルティン・ウーデゴールのゴールでアーセナルが先制。しかし、後半29分にFWリシャルリソンに同点弾を奪われ、終了間際にMFデマレイ・グレイに被弾した。1-2と逆転負けを喫したアーセナルは、開幕連敗以来の2連敗となった。

 英紙「ザ・サン」は「オーマイゴッド アーセナルのスター冨安が、ベン・ゴッドフリーに容赦なく顔面を踏まれた恐怖の跡を披露するもカードは出ず」と見出しを立て、「VARで長い時間にわたって検証されたが、レッドカードが出なかったのは幸運だった」「スカイスポーツの解説者であるアラン・スミスは、ゴッドフリーの行為は間違いなくレッドカードに値すると感じていた」と記している。

 記事では、ノーカードの判定を受けてファンの反応も紹介。「彼は冨安の顔を見て踏みつけた…信じられない」「これはレッドカードだ」「ゴッドフリーがわざと冨安の顔を踏みつけた。もはや冗談では済まされない」「ゴッドフリー、そしてレフェリーの非道な行為だ」などの声が上がっている。

 その一方、引退した元審判のマーク・ホールジー氏は「踏みつけではないと思う。ゴッドフリーには足を置く場所がなかった。あれは純粋なアクシデントであり、故意の行為ではない」と語っているという。

 冨安の顔には踏まれた跡がくっきりと残り、出血もしていたが、最終的にノーカードという判定に反響が広がっている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド