「吉田や富安にも負けない」…森保Jで見たいDFは? 活躍するJリーグ組、海外若手を推す声「一度呼んでみるべき」【読者選出】

「22年1月に招集してほしいDF」として選ばれた選手たちとは【写真:高橋 学 & ⓒJFA】
「22年1月に招集してほしいDF」として選ばれた選手たちとは【写真:高橋 学 & ⓒJFA】

最終予選のオマーン戦を終えて、読者が推薦する「1月招集してほしいDF」

 日本代表は11月のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でベトナムに1-0、オマーンに1-0と連勝してグループ2位に浮上した。「Football ZONE web」では、ポジション別に「2022年1月に招集してほしい選手」の独自アンケートを実施したなか、その結果を紹介する。

 日本は最終予選を6試合終え、失点数はグループBの中でも1位サウジアラビアと並び「3」で最小。グループ5位の5得点と物足りない攻撃面に比べて、守備面は一定の強度を保ち続けている。

「2022年1月に招集してほしいDF」で読者から圧倒的支持を受けたのは、現在も守備の要である冨安健洋(アーセナル)だ。そのほか、新たなサイドバックの起用を望む声も多く、旗手怜央(川崎フロンターレ)、吉田豊(名古屋グランパス)など、Jリーグで活躍する選手や、シュトゥットガルトで遠藤航とともにプレーする伊藤洋輝の名前も挙がっている。

■旗手怜央(川崎フロンターレ)
「DFとしての技術はもちろん、積極的に攻撃に関わるガッツと90分間ありとあらゆるところへ走り、顔を出せる体力が魅力的です。サッカーライト層でも、旗手選手を追うだけでワクワクする部分も多々あると思います。複数ポジションをJ1トップチームで担っている彼を入れておけば戦術にも幅が広がると思います」―リリ さん―

「フロンターレ色を出すサッカーを見てみたいので」―じゅん さん―

「長友に変わるサイドバックとして中山とポジション争いをしてほしい」―ナオ さん―

「代表の若返りは必須。長友さんはそろそろバックアップに」―ソッチ さん―

■冨安健洋(アーセナル)
「安定感抜群。ビルドアップもとても上手いし、ポジショニングも抜群に良いと思った」―ジャンピエール さん―

「アーセナルで安定感や戦術を学び生かしてほしい」―ファットボーイスリム69 さん―

「最高のCB」―タカ さん―

「別次元」―はげぱんだ さん―

「守備の絶対的な存在」―ZERO さん―

「今回の予選は守備陣の功績が大きい。その中心にいる」―しょう さん―

■吉田豊(名古屋グランパス)
「年齢的には若くないが今季のパフォーマンスは特質すべきものがある。対人守備も今の長友より上」―ndd さん―

「試合を〆るときに使えば効果的」―おおさか さん―

■板倉 滉(シャルケ)
「彼をCBにして冨安をSBで使ってみてほしい」―hisadog さん―

■谷口彰悟(川崎フロンターレ)
「Jリーグで実績をあげ、吉田や富安にも負けないパフォーマンスだと思う。年齢も30で最後のチャンスだと思うから、頑張ってほしい」―陸 さん―

「Jリーグのトップを牽引するディフェンダー」―まち さん―

■伊藤洋輝(シュツットガルト)
「トップリーグで試合に出ているし、冨安のように結果を出せると思うから」―アンディ ハッセンテイラー さん―

「吉田・富安のバックアップは板倉と伊藤なら高さでは遜色なく世界と戦える。一度呼んでみるべき!」―こはちー さん―

■中山雄太(ズヴォレ)
「オマーン戦で三笘くんとの相性が良かった」―カルピス王子 さん―

(FOOTBALL ZONE編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング