横山久美、アメリカで入籍報告&結婚許可証を披露 「たくさんの方々に日本の現状を知って頂きたい」

ワシントン・スピリットに所属するFW横山久美【写真:Getty Images】
ワシントン・スピリットに所属するFW横山久美【写真:Getty Images】

今年10月に「プロポーズ大作戦」を決行し、見事に「イエス」の返事をもらう

 元なでしこジャパン(日本女子代表)で、米女子サッカーリーグNWSLのワシントン・スピリットに所属するFW横山久美が自身の公式SNSを更新。先日プロポーズに成功したなみさんと、アメリカで入籍したことを報告した。

 28歳の横山は、高校卒業後の2012年に岡山湯郷Belleへ加入。その後、AC長野パルセイロ・レディースを経て、17年7月からドイツ女子リーグの1.FFCフランクフルトへ1年間期限付き移籍した。18年から2年間、長野へ復帰した後、19年からワシントン・スピリットの一員としてプレーし、今季はリーグ戦12試合に出場。ワシントン・スピリットは11月20日のファイナルを延長戦の末に制し、女王に輝いた。

 今年6月、FW永里優季(レーシング・ルイビル)の公式YouTubeチャンネルで、心と体の性が一致しないトランスジェンダーであることを公表していた横山。10月には自身のインスタグラムとツイッターで「#プロポーズ大作戦」とハッシュタグを付け、ワシントン・スピリットの本拠地アウディ・フィールドでお付き合いする「なみ」さんに片膝をついて思いを伝える瞬間のショットとともに、「彼女は『イエス』と言ってくれた。みなさん、ありがとう!」と投稿。横山が所属するワシントン・スピリットは公式ツイッターで「ハッピーマンデー。あなたを笑顔にする出来事が。おめでとう、クミ・ヨコヤマ。良かったね。我々もハッピーだ」と祝福し、永里も「おめでとう」とコメントしていた。

 横山は11月23日、インスタグラムで「私事ですがアメリカで入籍したことを報告させて頂きます。もちろん日本では無効ですが、少しでも発展していくことを願っていますし、たくさんの方々に日本の現状を知って頂きたいと思い報告しました。そしてこれからもより一層身を引き締めて頑張るので応援よろしくお願いします」と投稿。なみさんと2人で結婚許可証を持つショットを掲載し、今後の活躍を誓っていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング