「今の代表にいたら…」 遠藤保仁の多彩な“芸術的キック”に脱帽の声「お手本プレー」

磐田で活躍するMF遠藤保仁【写真:高橋 学】
磐田で活躍するMF遠藤保仁【写真:高橋 学】

J1昇格に貢献した遠藤保仁のプレー集、妙技に称賛コメント続々

 元日本代表MF遠藤保仁はジュビロ磐田のJ1昇格に大きく貢献したなか、華麗なキックなどを集めたプレー集をJリーグが公開し、「今の代表にヤットさんがいたら…」「お手本みたいなプレー」と脚光を浴びている。

 現在41歳の遠藤は2020年10月にガンバ大阪から磐田へ期限付き移籍し、1シーズン目は15試合2ゴール。そして今季は開幕からスタメンに名を連ね、コンスタントに出場するとチームも勝ち点を着々と積み重ねていく。11月14日のJ2リーグ第39節・水戸ホーリーホック戦で3-1と勝利し、3試合を残してJ1昇格を決めた。

 Jリーグ公式SNSは「類い稀なゲームコントロール力で試合を支配! #遠藤保仁 選手プレー集 J1リーグへの昇格を決めた #ジュビロ磐田  #遠藤保仁 選手のプレーをピックアップ!」と綴り、遠藤の卓越した職人技が光る厳選プレー映像を投稿している。

 正確無比のキックは健在で、コーナーキックやフリーキックをはじめ、ふわりと浮かせた絶妙なクロスやスルーパス、華麗なボレーシュート弾の瞬間などが収録されており、試合を支配したベテランの妙技が際立つ。

 ファンから「今の代表にヤットさんがいたら、古橋選手の抜け出しに1本のパスで点が取れるのに…」「サッカーはパワーじゃないのお手本みたいなプレー」「ガンバに戻るか、磐田残留か気になる」などのコメントが寄せられており、日本代表でのプレーが見たいという声も上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング