「時代遅れ」「機能しない」 森保ジャパン、大迫、長友、柴崎3選手が“ワースト選手”浮上…パフォーマンスをファン断罪【読者評価】

ベテラン選手には厳しい声【写真:AP】
ベテラン選手には厳しい声【写真:AP】

W杯最終予選のオマーン戦を読者が評価

 日本代表は現地時間11月16日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の敵地オマーン戦に臨み、途中出場でA代表デビュー戦のFW三笘薫のアシストからFW伊東純也が決勝ゴールを奪い、1-0で勝利。グループの2位に浮上した。

 今回の試合を読者はどう捉えたのか。「Football ZONE web」では、独自アンケート調査を実施。「ワースト選手」に先発起用されていた3人、大迫勇也、柴崎岳、長友佑都が浮上し、長友に関しては、“世代交代”としてDF中山雄太を推す声も上がった。

■DF 長友佑都
「中山選手、旗手選手と期待できる選手がいる中で体力も持たない選手が先発は正直納得行かないです。また、かつて代表で活躍した選手の不甲斐ない姿は見たくないです」―リリ さん―

「中山のパフォーマンスの方が安定している」―ken さん―

■MF/FW 柴崎 岳
「機能しない」―タカ さん―

「求められている仕事が全然できていない」―たけさま さん―

「ゲーム感が取り戻せないせいなのか、今のフォーメーションにフィットしてない」―Sally Cinnamon さん―

■MF/FW 大迫勇也
「何も出来ない」―ゆうじ さん―

「ボールキープの能力があっても個で点を取れない」―ななし さん―

「存在感がない」―とりっく さん―

「時代遅れの大迫、長友、柴崎」―wtsn さん―

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング