先発1人のみ変更の森保J、内田氏&佐藤氏の元日本代表コンビは三笘の”途中投入”に期待

日本代表MF三笘薫【写真:Getty Images】
日本代表MF三笘薫【写真:Getty Images】

オマーン戦はベトナム戦から柴崎が入ったのみ 内田氏&佐藤氏は三笘に期待

 日本代表(FIFAランク28位)は11月16日、敵地(マスカット)で行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第6節・オマーン戦(同77位)のスタメンを発表。森保一監督は、前節ベトナム戦(1-0)から1人変更となった顔ぶれを選択した。スポーツチャンネル「DAZN」の「やべっち内田の裏チャンネル」では、佐藤寿人氏と内田篤人氏の元日本代表コンビがMF三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ)の起用に期待を寄せている。

 アウェー2連戦となった11月シリーズ、日本は11日のベトナム戦(アウェー)で1-0の勝利を収め、今予選通算成績を3勝2敗とした。10月12日のオーストラリア戦(2-1)に続く勝利を収め、グループ4位からひとつ順位を上げ、3位につけている。

 今節対戦するオマーンとは、9月にホームで行われた初戦で0-1と敗戦。アウェーでのリターンマッチで勝ち点3を獲得できれば、他会場の結果次第で、2位浮上の芽も。一方、敗れた場合は再び4位に転落する。

 先発メンバーは、累積警告により欠場するMF守田英正(サンタ・クララ)に代わって、中盤にはMF柴崎岳(レガネス)を起用。それ以外は、FW大迫勇也(ヴィッセル神戸)やDF長友佑都(FC東京)らベトナム戦のメンバーが並んだ。

 お笑いタレントの矢部浩之氏から交代予想を問われた内田氏は、三笘のマグネットを指差し、「点を取りたい時とか、中盤をいじりたい時はここ(三笘)とか面白いと思うんだけどな」と言及。佐藤氏も「今、連続して南野(拓実)選手が早い時間で代わったりしているので、三笘選手が早い時間で入ってきても面白いですよね。プレー時間が15分とか短いと、変化を作るのに時間がかかったりする。三笘選手はボールを持ってから違いを作れる」と同調した。

 内田氏は「海外で移籍してばかりで、これこそ彼のプレーというのを出せるのが凄い」と三笘を称えており、途中出場でのA代表デビューに期待が懸かるところだ。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング