「バカみたいな話ですが…」ロッカー室で涙 日本代表を救ったヒーロー2人の記憶 「キャプテンが抜け…」“最高にして最後の試合”

前回W杯の最終予選でアウェーのUAE戦を戦った日本代表【写真:Getty Images】
前回W杯の最終予選でアウェーのUAE戦を戦った日本代表【写真:Getty Images】

【識者コラム】16日の敵地オマーン戦、前回W杯予選のアウェーUAE戦に似ている

 11月シリーズの1試合目でベトナムに勝利し、ここまでカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の結果を3勝2敗とした日本代表は、16日にアウェーのオマーン戦に挑む。ある意味で開幕戦のリベンジを狙う構図は、前回W杯の最終予選で、同じ6試合目にアウェーのUAE戦を戦った時に似ている。

 2016年の9月、当時バヒド・ハリルホジッチが率いていた日本はホームの開幕戦でUAEに敗れて、いきなり危機的なチーム状況になった。そこからアウェーでタイ、ホームでイラクに勝利し、アウェーでオーストラリアと引き分け、11月にホームでサウジアラビアに勝利。4勝1分1敗とする。

 そして年が変わって3月に行われた1試合目だったことは異なるが、サウジアラビア、オーストラリアに次ぐ国であり、アウェーの地で勝ち点3を掴み取らないといけない相手だった。2-0の勝利を飾った試合のヒーローは、2年ぶりに代表復帰した今野泰幸と10か月ぶりのスタメンとなった川島永嗣だ。

 ともに34歳だった2人。今野が起用された背景には絶対的な存在だったキャプテン長谷部誠の負傷による欠場があった。ハリルホジッチは4-3-3を採用し、中盤のアンカーに山口蛍、インサイドハーフに香川真司と今野が入った。攻撃的なMFではない今野だが、中盤でボールを奪うパワー、そこから前に出ていく推進力を発揮した。

 酒井宏樹のアシストから久保裕也が決めて前半の早い時間帯にリードした日本だったが、ピッチコンディションに苦しんでパスがつながらず、加速力のあるUAEの攻撃に苦しむシーンが目立ってくる。しかし、カウンターから抜け出したFWマブフートのシュートを川島が1対1でビッグセーブ。大きなピンチを防ぎ、「1つ耐えることで、流れを引き寄せることができた」と振り返るように、そこから日本は攻撃の勢いを取り戻した。

 そして後半6分には吉田麻也のロングフィードを前線で大迫勇也が競り勝って落とし、久保(裕)が右サイドから左足で上げたクロスボールに今野が飛び込んで、胸トラップから左足で押し込んだ。2点のリードを守り抜いて勝利した日本。司令塔オマル・アブダルラフマンを擁するUAEは今回のオマーンとも違った怖さを持つ相手だった。

page1 page2 page3

河治良幸

東京都出身。「エル・ゴラッソ」創刊に携わり、日本代表を担当。著書は「サッカーの見方が180度変わる データ進化論」(ソル・メディア)など。NHK「ミラクルボディー」の「スペイン代表 世界最強の“天才脳”」を監修。タグマのウェブマガジン「サッカーの羅針盤」を運営。国内外で取材を続けながら、プレー分析を軸にサッカーの潮流を見守る。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング